都道府県インデックス

今週スタートする展示会(2/19 - 2/25)

第62回 現代書道二十人展

2/24 - 3/4

本展は会派を超えて最高峰の書が一堂に集結する二十人展ならではの魅力を深めるため、多様な書美の展開をめざしています。今回はあらたに下谷洋子氏を迎え、漢字、かな、篆刻の作品約90点を展観します。

愛知県 名古屋市中区松坂屋美術館

絵画の温度

2/22 - 3/25

本展では、「あたたかさ」や「冷たさ」といった画面に漂う温度に焦点をあて、モチーフや色の用い方の違いにより変化する多様な洋画表現の世界を40点により紹介します。

ライフ―くらしを見つめる美術―

2/23 - 3/26

本展では呉市立美術館の所蔵作品の中から「くらしを見つめる美術」をテーマに、油彩画や日本画、版画、写真などの作品を約40点展示します。あらゆる人間活動の中に宿るささいな美を見つめた芸術家たちの作品をお...

広島県 呉市呉市立美術館

第64回日本伝統工芸展

2/23 - 3/11

第64回となる本展の広島展では、人間国宝(重要無形文化財保持者)から新進気鋭の若手まで、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門で、日本を代表する作家の作品311点を展示します。なお、広島県...

ミュシャ展~運命の女たち~

2/24 - 4/8

今回はミュシャの出身地チェコより、チマル博士が収集したコレクションの中から、「ミュシャと女性たち」をテーマに選りすぐったポスターや油彩画などを紹介します。

コレクションプラス『春の庭』

2/24 - 6/3

本展では、20世紀初頭にパリで活躍した画家や日本の洋画家たちが描いた色とりどりの花や風景画のコレクションとともに、現代の作家たちによる植物の表現をご紹介いたします。様々な作品が集まって織りなす春の庭...

広島県 尾道市なかた美術館

開館50周年記念/リニューアル記念mima, 明日へのアーティストたちとともに~夢魔とポエジイ~

2/24 - 4/11

第1回となる本展では、三岸好太郎の詩的イメージ、とりわけ最晩年の筆彩素描集『蝶と貝殻』等に集約されてあらわれた、モチーフの意表を突く組み合わせ、即物的で断片的な情景描写、夢幻的なロマンチシズム等の特...

ここに住まうもの大集合! カムイ絵巻

2/24 - 3/31

自然の中でありのままの姿で生きる「カムイ」のストーリーを榎田純子(茶内在住)が紡ぎ、竹本万亀(厚岸町出身・釧路在住)が切り絵で表現したカムイ絵巻。文学と美術が織りなす二人の独特の世界を紹介します。

北海道 釧路市釧路市立美術館

企画展「生誕100年 清宮質文 あの夕日の彼方へ」

2/23 - 4/8

本展は,本県ゆかりの作家である清宮の生誕100年を記念する大回顧展であり,年代順に制作テーマの変遷を追いながら,木版を中心に水彩画,ガラス絵など191点を紹介します。

幼きものは

2/24 - 4/22

当館所蔵品より、絵画・彫刻・写真の約20点で「幼きもの」に向けられた作家の様々な視点をご覧いただきます。薄れてしまった幼少期の記憶が呼び起こされることでしょう。

第23回 飛翔する輪島の漆芸作家たち -全国展入選作品-

2/24 - 5/14

各作家が日常の風景の中から見出したそれぞれの自然美を、彼らの言葉と共に会場でご堪能ください。

石川県 輪島市輪島漆芸美術館

萬鉄五郎・岩手近代絵画の精華

2/24 - 4/15

当美術館は萬鉄五郎作品はもとより、同時代の画家の作品を数多く取集してきました。本展は、それらの画家たちと萬の関わりを系統だてて紹介する企画です。

白の牙彫

2/24 - 5/20

本展では帝室技芸員をつとめた石川光明(1852-1913)をはじめ、旭 玉山(1843-1923)や吉田道楽らの彫像、また象牙製の自在置物などを展示します。

語ー歌会始御題によせてー

2/23 - 3/21

本年は御題の「語」にちなみ、観客を前にした芸能人や話に興じる市井の人々を表現した作品、また古典の物語を題材にした作品など、「語り」と「物語」の二本の柱をテーマに絵画・彫刻・工芸作品約40点を展示しま...

シンビズム~信州ミュージアム・ネットワークが選んだ20人の作家たち~

2/24 - 3/18

長野県ゆかりの現代作家の作品を選定・展示する、初めての展覧会を開催します。 丸山晩霞記念館、御料館、信州新町美術館、諏訪市美術館の4館を会場に同時開催され、諏訪市美術館では、阿部祐己(写真)、高橋広...

生命の彩(いろどり)-花と生きものの美術-

2/23 - 4/8

本展観では、中国、日本、朝鮮における花と動物の美術作品を一堂に展示します。

奈良県 奈良市大和文華館

改組 新 第4回日展

2/24 - 3/25

大阪展では、会員作家及び今回の入賞者による基本作品246点と、大阪・兵庫・奈良・和歌山に在住する会員作家の作品や入選作品などの地元作品335点、あわせて581点の作品を陳列します。

春を彩る 佐野美術館のおひなさま

2/24 - 4/1

本展では、佐野美術館所蔵・寄託の雛から、享保雛、古今雛の他、上方発祥の御殿飾りや、芥子雛段飾り、八丁堀の名物といわれた仁杉家旧蔵極小雛飾りなど、意趣に富んだ雛の数々を展示します。

静岡県 三島市佐野美術館

柳原良平のデザインと船のギャラリー

2/24 - 5/13

フェルケール博物館では今までに海洋画家としての柳原良平氏を紹介してまいりました。この展示会では、イラストレーター、デザイナー、エッセイストとしての業績と併せて紹介していきたいと思います。

東京⇆沖縄池袋モンパルナスとニシムイ美術村

2/24 - 4/15

本展では、池袋、落合、ニシムイに集った芸術家の作品約90点を初めて一堂に会し、3つのアトリエ村の概要と意義を明らかにすると共に、戦前から1971(昭和46)年の沖縄返還協定調印の頃までの東京と沖縄の文化交流...

日本スペイン外交関係樹立150周年記念 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

2/24 - 5/27

本展は、同美術館の誇りであり、西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点をご紹介します。

香合百花繚乱

2/22 - 3/31

香合ほど種類が豊富な茶道具は他にありません。 このたびの展覧会では香合約160点を展示し、その世界が花開いていく様子をご覧いただきます。茶席を彩る小さな香合の愛らしい姿をお楽しみください。

東京都 港区根津美術館

練馬区独立70周年記念展 サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

2/22 - 4/15

20世紀フランスという時代と場所の空気を切り取ってきた写真を通して、今日「屋外広告」とよばれる広告芸術が、道行く人々の心を癒し心躍らせ、時に批判され、街の中でどのような効果を発揮していたかに思いを馳...

中国の陶芸展

2/24 - 3/25

漢時代から明・清時代にわたる館蔵の中国陶磁器コレクション約60点を展観。

東京都 世田谷区五島美術館

FACE展2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展

2/24 - 3/30

油彩、アクリル、水彩、岩絵具、版画、ミクストメディアなど技法やモチーフは多岐にわたりますが、見る者の心に潤いと感動をもたらしてくれることは共通しています。

収蔵コレクション展 「 春爛漫 」

2/24 - 4/8

当館の収蔵作品約800点の中から、春を感じていただける作品をご紹介いたします。二階の町子コーナーでは長谷川町子原作展「磯野家の春」と題し、「サザエさん」に描かれた春の風景をご紹介します。

富山ゆかりの絵画

2/24 - 4/22

江戸時代に活躍した岸駒から現代の日・洋画家まで、当館所蔵の作品を中心に富山にゆかりのある絵師・画家の作品を紹介します。

北前船が伝えた華ひな祭り 古典人形展

2/24 - 4/2

昭和23年より続く本間美術館のひな祭りでは、江戸初期から現代まで、大切に受け継がれてきた庄内の古典人形を一堂に展示します。

山形県 酒田市本間美術館

お雛さまの歴史と美

2/23 - 4/9

紙雛から立雛、享保雛、古今雛、御殿飾など雛人形の歴史・変遷を辿りながら見ることのできる展示です。県指定文化財「紅花屏風」も公開。

山形県 山形市山寺芭蕉記念館

日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念デンマーク・デザイン展 ヒュゲのかたち

2/24 - 4/8

本展覧会では、デンマーク・デザインの名を世に知らしめたミッドセンチュリーの家具をはじめとする20世紀デンマーク・デザインの歩みを体系的にご紹介します。

山口県 山口市山口県立美術館2

姉妹サイトの紹介

まめわざ
無料ホームページ作成サービス
旅行と宿のクリップ
全国の宿泊施設の公式サイト集
e公園
全国の公園の検索&情報共有
e不動産情報
全国の元気な不動産会社の紹介