都道府県インデックス

今週スタートする展示会(10/16 - 10/22)

財団設立30周年記念展「藤森兼明 人を魅せる技」

10/21 - 12/17

新発見となる高校、大学時代の自画像は、最も身近な人の形。家族や友人など身近な人々を描いた画業の初期作品から、近年の荘厳な祈りをテーマとしたアドレーションシリーズ、そして世界的なアーティスト喜多郎を...

ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所

10/20 - 1/16

本展では、文学と美術の表現を「ことば」という切り口からご紹介します。 描かれた一つの線が絵や文字となり、そして美術や文学となるように、言葉は常に私たちの生きることのそばに存在しているものです。過去の...

群馬県 前橋市アーツ前橋

宮脇綾子 美しいアプリケ布がつむぐ暮らしの装い

10/18 - 12/26

本展は、〈日常の美〉〈自然への愛〉〈人間・家族への愛〉をテーマに、初期から晩年までの代表作、特別出品の作品約220件と人柄がしのばれる愛用品、洋画家の夫・晴が描いた綾子の肖像画などを展示いたします。

MOU Trateknik&Design pop-up store in fukukura

10/17 - 10/28

神戸の家具屋MOUは椅子やダイニングテーブルをはじめ、 お客様それぞれのイメージをオーダーでつくりあげる家具屋です。期間中ふく蔵ギャラリーへ場所を移し、 家具展示と合わせカトラリーなど雑貨も並びます。

兵庫県 加西市ふく蔵ギャラリー

高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.06/物語る物質

10/22 - 11/26

物質を新しい視点のもとで使用しユニークな世界を切り拓く6人の作家たちの仕事を紹介します。

末法/Apocalypse ―失われた夢石庵コレクションを求めて―

10/17 - 12/24

本展では、彼の死後散逸したコレクションの中から、白眉といえる平安時代の仏教美術を中心に、長く秘されてきたその全貌を、初めて紹介する。

京都府 京都市細見美術館

第67回特別企画展 安野モヨコ原画展

10/21 - 1/14

1995年連載スタートの『ハッピー・マニア』に始まり、現在も執筆継続中の『オチビサン』『鼻下長紳士回願録』まで。代表作のトビラ絵や名シーンを網羅し、一堂に展示。今展および画集のため筆を執った、描きおろ...

~「クリスマス展」2017~

10/20 - 12/20

どこよりも早くキラキラ輝くクリスマスが楽しめる毎年人気の企画展。サンタ、トナカイ、スノーマンなど可愛らしい人気者が大集合♪クリスマス気分を演出するツリーの置物や器類など気に入った作品はご購入いただく...

特別展「メッセージ2017 南九州の現代作家たち」

10/21 - 12/3

3回目となる本展は、その後の美術動向と4町との合併を踏まえ、地域コミュニティーなどとの連携、アーティスト・イン・レジデンスを盛り込み、館外会場を地域とのつながりの中で模索しさらなる内容の充実を図りま...

緑川洋一展 -山紫水明-

10/21 - 12/10

日本の四季や自然の美しさをいかにして構図におさめたのか。長時間露出や多重露光など特殊撮影によって独自の色を表現した代表作とともに、緑川洋一の目線に迫ります。

ディエゴ・リベラの時代 メキシコの夢とともに

10/21 - 12/10

この展覧会では、初期から晩年にいたるリベラの画業を油彩画、素描、版画など約25点の作品でたどります。

島根の仏像―平安時代のほとけ・人・祈り―

10/20 - 12/4

「仏像」の存在は、かつて島根において、「ほとけ」をめぐる人々の豊かな営みがあったことを物語ります。 本展では、なかでも特に個性的な仏像が多く作られた平安時代に着目し、仏像の魅力を通して、その営みに迫...

石本正素描展「鶏頭・芥子・糺(ただす)の森」

10/17 - 12/23

本展では、画家が最期まで手元に残し大切にしていた鶏頭や芥子、糺の森など、当館では初公開となる素描を中心に、独自の美を追求し続けた画家の創作の原点に迫ります。

美しき庭園画の世界 江戸絵画にみる現実の理想郷

10/21 - 12/10

本展では、関東と関西における庭園画の流れをご紹介し、江戸時代の庭園画の歴史を概観します。

かけがわ茶エンナーレアートセレクション 大庭大介・竹廣泰介

10/21 - 12/3

偏向パールのアクリル絵具で斬新な空間を 創出するアーティスト大庭大介の作品と、信楽焼を中心にデザイン性の高い花器や壺を創作する陶芸家竹廣泰介の作品をご紹介。

廣島晃甫回顧展-近代日本画のもう一つの可能性

10/21 - 12/10

新しい表現を目指す一方で、美しい日本の自然を表した、波乱に富んだ画業の全貌をご覧いただく、史上初の回顧展です。

「タイポグラフィ教育 II」 タイポグラフィデザインの楽しさを探る/田中晋の教育の軌跡

10/16 - 11/11

本展ではタイトルにありますように、タイポグラフィデザインに楽しさを見出して ほしいという田中氏の情熱に支えられ、 どれもが力作と呼べるものに仕上がった学生 の課題作品やスタディを中心に展覧いたします。

戸谷成雄ー現れる彫刻

10/16 - 11/11

本展では戸谷彫 刻の本質的な問題をテーマにしながら、それを作品の構造のなかに読み解き、 戸谷 成雄が作品のなかで思考してきた彫刻という存在を探っていきます。

しめかざり ー祈りと形ー

10/16 - 11/18

本展では、日本各地で稲藁を用いて伝統的な手法により作られたしめ飾りの姿をご覧 いただきたいと思います。中には伝承者の途絶えたものもあるのではないでしょうか。 それぞれのしめ飾りの背景にある歴史や、し...

キンダーブックの90年―童画と童謡でたどる子どもたちの世界―

10/21 - 1/14

印刷技術の進歩と共に、創刊号から続く絵に写真が加わり、さらに写真とイラストの組み合わせなど、その表現も大きく変化してきました。魅力的な誌面を作るための工夫や、編集者、画家や作家の思いなども紹介します。

東京都 文京区印刷博物館

北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

10/21 - 1/28

国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをふくめた西洋の名作約200点と、北斎の錦絵約30点、版本約60点の計約90点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)を比較しながら展示し...

パリ♥グラフィック ー ロートレックとアートになった版画・ポスター展

10/18 - 1/8

本展は、こうした19世紀末パリにおける版画の多様な広がりを検証するものです。当館およびアムステルダム、ファン・ゴッホ美術館の貴重な19世紀末版画コレクションから、リトグラフ・ポスター等を中心に、油彩・...

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち

10/17 - 12/20

国内有数のカンディンスキーのコレクションを誇る宮城県美術館の所蔵品を中心に、パリのルオー財団ほかからもご協力をいただき、かつてない出会いが実現します。

光彩の巧みー瑠璃・玻璃・七宝ー

10/21 - 12/3

日本・東洋で育まれた七宝かざりの軌跡を、室内調度や茶道具ほか約100点の名品でたどります。

東京都 世田谷区五島美術館

秋の特別展「素直に楽しむ 武者小路実篤と民藝」

10/21 - 12/10

平成28〜29年に行った調査の成果を受け、実篤コレクションの民藝品を紹介するとともに、白樺同人で民藝を提唱した柳宗悦の収集品を共に展示し、美意識との共通性と違いをご紹介します。

円空×田中一光展

10/20 - 11/26

本展覧会では、江戸時代前期に修験僧、仏師、歌人であった円空(1932-1695)の彫った、円空仏といわれる木彫りの仏像4点と、ポスターやロゴマークなどの斬新なデザインや、琳派に着想を得た独自のグラフィックデ...

古絵図と錦絵で見る東北・北海道の暮らしと風景

10/20 - 11/21

当館収蔵の庄内の古絵図と東北・北海道の錦絵コレクションなどを中心に、鳥瞰・俯瞰の視点でとらえられた各地の名所をご紹介します。

山形県 酒田市本間美術館

三六〇度の世界 松本哲男展

10/20 - 11/19

近年の日本画家の中では特に大きな画面に雄大な大自然を描き続け、高い評価を得ました。 没後5年となる本年、松本の代表作を展示します。

姉妹サイトの紹介

まめわざ
無料ホームページ作成サービス
旅行と宿のクリップ
全国の宿泊施設の公式サイト集
e公園
全国の公園の検索&情報共有
e不動産情報
全国の元気な不動産会社の紹介