『小野竹喬』の展示会情報

《特別展》創立100周年記念 国画創作協会の全貌展

9/14 - 10/21

このたびの記念展では、国展出品作のうち現在所在が確認される約100点を中心として、近代社会の大きな変革の真っただ中で、純粋な使命を全うした国画創作協会の全貌を明らかにします。

岡山県 笠岡市笠岡市立竹喬美術館

蘭島閣美術館コレクション 京の日本画家が描く情景

6/28 - 9/30

本展では、このような蘭島閣美術館の近現代絵画コレクションのなかから、京都を拠点に活動した作家に注目します。普段、京都で目にすることが少ない作品の数々をこの機会にお楽しみいただければ幸いです。

小野竹喬』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『小野竹喬』の展示会情報

海・山・川・湖 日本画の求める自然

18/7/27 - 18/9/9

本展では、竹喬をはじめ日本画家が描いた海・山・川・湖などの風景画約90点を展示します。

岡山県 笠岡市笠岡市立竹喬美術館

国画創作協会創立100年 榊原紫峰と国展の仲間たち

18/6/1 - 18/8/30

本展では、花鳥画家・榊原紫峰の作品を中心に、麦僊、華岳、竹喬、第1回展後に会員となった入江波光の作品を、国展結成前から解散後へと時代を追ってご紹介します。日本画の革新に取り組んだ画家たちの作品をお楽...

竹喬-落款(サイン)と印章をさぐる-

18/6/15 - 18/7/22

竹喬が使用した落款と印章に焦点を当て、その時代変遷をたどります。どの時代にどのような落款や印章を使用したのか、という問いの答えを、竹喬作品を通じてご紹介します。

岡山県 笠岡市笠岡市立竹喬美術館

加納溥基コレクション 「小野竹喬と池田遙邨 旅を描く」

18/6/16 - 18/7/16

当館が所蔵するコレクションの中から、小野竹喬(1889-1979年)、池田遙邨(1895-1988年) の二人の作品を公開します。

空もよう

18/4/21 - 18/6/17

本展覧会では、当館の収蔵作品の中から、美しい朝陽や夕暮れ、情緒溢れる月明かり、人や動物を翻弄する雨や風など多彩な表情を見せる空を描いた日本画をご紹介します。

岳父 小野竹喬と下保 昭  -奥の細道句抄絵と大作屏風-

18/4/20 - 18/5/20

小野竹喬の晩年に最大の情熱を傾けて描いた「奥の細道句抄絵」の本画と下絵を中心に、砺波市出身で竹喬の娘婿である下保昭の独自の雄壮な自然表現で新境地を拓いた屏風の大作で会場構成し、33点で両者の風景に寄...

富山県 砺波市砺波市美術館

岡山の近代日本画 -新収蔵・大林千萬樹作品を中心に-

17/7/28 - 17/9/18

このたび昭和初期から千萬樹の後援者であった奈良県の松井時子氏(故人)から,江戸の女性達の旅姿を描いた《旅路》をはじめ14点の千萬樹作品をご寄贈いただきました。

見あげた空の向こうに ―素描の魅力 竹喬―

17/2/11 - 17/4/9

このたびの展覧会では、竹喬美術館が所蔵する素描の中から、「見あげた空の向こうに」という着眼による作例を70点選び、自然と向き合う竹喬の素直で生新な感性をお伝えしたいと思います。

岡山県 笠岡市笠岡市立竹喬美術館

収蔵品展 国展の作家たち―創作の自由を求めた90年―

16/12/15 - 17/2/26

今回の展覧会では、収蔵品の中から初回から現在までの間に国展に参加した作家たちの作品約50点をご覧いただきます。

長野県 佐久市佐久市立近代美術館

扇面-心擽るかたちの世界

17/1/5 - 17/2/12

吉祥の形ー扇面、新年を寿ぐ展観としてどうぞお楽しみください。