『坂田一男』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

坂田一男』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『坂田一男』の展示会情報

日本におけるキュビスム―ピカソ・インパクト

17/2/12 - 17/3/26

この展覧会はキュビスムが二度にわたって、別々の文脈で日本の作家たちに受容されたという仮説に基づいて組み立てられています。世界的にみてもきわめて異例なこのような状況をピカソとブラックの作品、そしてそ...

ふたつの時代-所蔵品でたどる「パリの日本人」第一部 フジタのいる街角-巴里の誘惑、1910~30年代

14/10/25 - 14/12/7

戦前の日本人画家たちの制作と生活の姿、画家たちの息遣いをご覧いただきます。

倉敷市立美術館の洋画名作選 特集展示―岡山近代洋画のさきがけ 堀和平

14/4/5 - 14/6/1

このたびの展覧会では、当館の洋画コレクションからよりすぐった満谷国四郎、寺松国太郎、坂田一男、岡本唐貴、斎藤真一らの作品をご覧いただきます。

コレクション展?特集 美術をみる8つのポイント

12/3/24 - 12/6/24

当館のコレクションをいくつかの視点から鑑賞することで、その新たな魅力を再発見いただければ幸いです。

兵庫県 神戸市兵庫県立美術館

特別展「岡山画壇のきら星−20世紀を彩った10人−」

11/10/1 - 11/11/27

岡山出身画家の中から、明治以降に活躍した洋画家の鹿子木孟郎、満谷国四郎、赤松麟作、児島虎次郎、正宗得三郎、坂田一男、中山巍、日本画家の小野竹喬、池田遙邨、そして矢掛町出身の洋画家佐藤一章を加えた10...

コレクションに見る郷土作家たち─岡山文庫『倉敷市立美術館〜池田遙邨と郷土作家〜』出版記念─

11/4/2 - 11/5/8

このたびの展覧会は、この岡山文庫の出版を記念して、掲載作品を中心に当館が収蔵する郷土ゆかりの作家たちの作品を紹介するものです。江戸から平成に至る郷土作家の多彩な表現をお楽しみください。

コレクションによる 美術事始め −見る、知る、考える− 展

09/1/10 - 09/4/12

石橋美術館のコレクションによって、近代日本美術の成りたちと流れをあらためて眺望します。キーワードをたよりに見どころや問題点を知り、美術のおもしろさや作家の生涯について思いをめぐらせる展覧会です。洋...