『マルケ(Albert Marquet)』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

マルケ(Albert Marquet)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『マルケ(Albert Marquet)』の展示会情報

仏教館   『すがた うるわし―仏像と近代絵画の出あい―』近代館『風のささやき、水のゆらめき―絵に描かれた美しき風景』

18/5/26 - 18/9/17

十一面観世音菩薩像や阿弥陀如来像の仏像と、ルドンや鏑木清方など絵画作品とも共通するような“うるわしい姿”をご紹介します。

吉野石膏コレクション 印象派からエコール・ド・パリまで

17/6/6 - 17/6/25

日本人にとっても馴染み深い、ピサロ、モネ、ルノワールら印象派の作品から、20世紀初頭のパリでそれぞれに独創的な作風を展開したマルケ、ヴラマンク、ユトリロ、ローランサン、そして藤田嗣治らの作品約90点を...

印象派の故郷 ノルマンディー展〜近代風景のはじまり〜

15/6/27 - 15/8/23

本展では、国内外所蔵の絵画や写真約100点により、主に19世紀初頭から20世紀中頃までの、ノルマンディーにおける風景表現の展開をご紹介いたします。

開館15周年記念 上原コレクション名品選 Ⅰ ―名画に秘められたエピソード―

15/3/17 - 15/6/28

本展では、新収蔵品となるマルケ≪冬のパリ(ポン・ヌフ)≫をはじめ、モネ、ルノワール、マティス、ピカソらの作品から、名画に秘められたエピソードを紹介します。

印象派の故郷 ノルマンディー展 -近代風景画のはじまり-

15/2/28 - 15/4/12

1820年代から1920年頃までのフランス風景画の展開における、ノルマンディーの役割を紹介します。

ボナールの庭、マティスの室内 日常という魅惑

09/9/12 - 10/3/7

「庭」と「室内」という日常の空間は、新たな時代の絵画とどのように関わりを結び、どのような表現をきりひらいたのか。ボナールとマティスの作品を中心に探ります。

「マティスの時代ーフランスの野性と洗練」

09/4/21 - 09/7/5

本展覧会では、ブリヂストン美術館のコレクションの中から、マティスとその周辺で活動していたルオー、マルケ、デュフィ、ブラックなどのフランスの作家たち、およびミロやポロックなど諸外国の作家たちのそれぞ...