『ブーダン(Eugène-Louis Boudin)』の展示会情報

未開催

印象派への旅  海運王の夢  バレル・コレクション

10/12 - 12/9

本展では、バレル・コレクションにおける良質のフランス絵画を中心にしながら、同コレクションでも重要な位置を占める、スコットランドやオランダ人画家の作品をあわせてご紹介します。

ブーダン(Eugène-Louis Boudin)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『ブーダン(Eugène-Louis Boudin)』の展示会情報

ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ

17/9/23 - 17/11/12

19世紀のイギリスやフランスで活躍した画家たちが制作した約70点を超える作品を展観し、英仏間の交流を中心としたヨーロッパの近代絵画の変遷を辿ります。

ボストン美術館 ヴェネツィア展  魅惑の都市の500年

16/4/9 - 16/6/12

約500年におよぶヴェネツィアの美と歴史のハイライトを、ボストン美術館所蔵の約130点の作品で辿ります。

印象派の故郷 ノルマンディー展〜近代風景のはじまり〜

15/6/27 - 15/8/23

本展では、国内外所蔵の絵画や写真約100点により、主に19世紀初頭から20世紀中頃までの、ノルマンディーにおける風景表現の展開をご紹介いたします。

印象派の故郷 ノルマンディー展 -近代風景画のはじまり-

15/2/28 - 15/4/12

1820年代から1920年頃までのフランス風景画の展開における、ノルマンディーの役割を紹介します。

印象派のふるさと ノルマンディー展~近代風景画のはじまり~

14/9/6 - 14/11/9

ノルマンディーが近代風景画の成立と発展に果たした役割を探ります。

絵画と写真の交差 印象派誕生の軌跡

09/10/24 - 09/12/20

絵画と写真。この二つの芸術は、ときに寄り添い、ときに反発しながら歩んで来ました。二つの芸術の歩みを辿りながら、それらがどのように関わり合い、どのようにインスピレーションを与え合うことによって、それ...

ターナーから印象派へ

09/7/3 - 09/8/16

本展では、ペリ美術館、マンチェスター市立美術館、タブリ・ハウス・コレクションならびに個人所蔵家のご協力により、19世紀初頭から20世紀初頭までおよそ100年にわたるイギリスとフランスの画家の風景画を紹介し...