『テオフィル・アレクサンドル・スタンラン(Théophile Alexandre Steinlen)』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

テオフィル・アレクサンドル・スタンラン(Théophile Alexandre Steinlen)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『テオフィル・アレクサンドル・スタンラン(Théophile Alexandre Steinlen)』の展示会情報

招き猫亭コレクション 猫まみれ展 古今東西 和洋折衷 みんなで一緒にまみれよう

18/7/14 - 18/9/2

古今東西・和洋折衷、今ここでしか見ることのできない唯一無二の別世界ならぬ猫世界、この夏休みに、当館にてぜひご鑑賞ください。

猫まみれ展

17/8/29 - 17/10/28

全国各地で話題沸騰の「猫まみれ展」が旭川にやってきます!と猫の作品を愛する謎のコレクター、招き猫亭が約40年にわたって集めてきた油彩画、日本画、版画、浮世絵、彫刻、陶磁など約300点がずらりと勢ぞろい。

招き猫亭コレクション 猫まみれ 展

17/3/18 - 17/5/7

本展では、猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」のコレクションより、スタンラン、ビアズリーら西洋の画家たちが描いた猫、歌川国芳ら浮世絵の中の猫、竹久夢二、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、椿貞雄、猪熊...

いきもの―動物・植物・虫をめぐる美術

16/1/5 - 16/2/21

古今東西の芸術家たちがとらえたいきものの姿を、絵画を中心に約60点紹介します。

企画展 招き猫亭コレクション 猫まみれ

15/5/20 - 15/7/6

本展では、猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」のコレクションより、スタンラン、ビアズリーら西洋の画家たちが描いた猫、歌川国芳ら浮世絵の中の猫、竹久夢二、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、椿貞雄、猪熊...

〈函館美術館開館25周年記念〉陶酔のパリ・モンマルトル1880〜1910

11/10/8 - 11/12/7

モンマルトルを中心としたロートレック、スタンランら当時の芸術娯楽と関連する絵画やポスター、映像資料等約150点を紹介

招き猫亭コレクション 猫まみれ ようこそ猫の迷宮へ

11/4/7 - 11/5/8

本展は招き猫亭コレクションからおよそ280点を展示し、最も身近で、複雑な生命体である「猫」と人間との関わりを美術作品によって示すとともに、様々な作家による猫を通した多彩な表現形式を紹介するものです。

「魅惑のモンマルトル ロートレック展サントリーミュージアム[天保山]コレクションより」

10/4/17 - 10/6/27

国内屈指のポスター作品所蔵美術館として知られるサントリーミュージアム[天保山]より、フランス人画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)のリトグラフによるポスター群をはじめ、クリムトや...

ロートレック・コネクションパリを彩った画家たち

10/1/2 - 10/2/7

本展覧会はロートレックの出身地、南仏アルビのトゥールーズ=ロートレック美術館館長の監修により、同館のコレクションを中心に、国内外のロートレックの作品と、彼と交流のあった画家たちの作品を併せて紹介する...