『アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)』の展示会情報

未開催

モダンアート再訪 ― ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展

6/2 - 8/26

2019年のリニューアルオープンに向けた同館の大規模改修工事の期間中、近現代美術の名品コレクションの中から、ヨーロッパとアメリカ、そして日本のモダンアートを代表する約70点を紹介します。

ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション

2/18 - 7/1

本展では、その広範なコレクションから、古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術の7分野にわたる珠玉の80点をご紹介します。

21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 アンディ・ウォーホルから奈良美智まで

4/21 - 6/17

実業家・田口弘氏が収集した国内有数の現代美術コレクションの中から約70 点を紹介。作家の独創的なアイディアにより制作された作品で、現代のアートシーンをお楽しみください。

神奈川県 平塚市平塚市美術館

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)』のレビュー(レポ・口コミ) 2

クリックして1票!

ステキな絵ですね。たのしかったよ。でもさびしかったよ。

ミカリエルアステムアリエスアステーアスウエル ズ さん(Android、Safari、spmode.ne.jp)2014年5月2日20:38この投稿にコメント削除依頼
クリックして1票!1

ステキな絵をありがとう。また書いてください。

ミカリエルアステムアリエスアステーアスウエル さん(Android、Safari、spmode.ne.jp)2014年5月2日20:13この投稿にコメント削除依頼
レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)』の展示会情報

モダンアート再訪― ダリ、ウォーホルから草間彌生まで

18/2/3 - 18/3/18

ダリやウォーホルから草間彌生まで、ヨーロッパとアメリカ、そして日本のモダンアートを代表する優品76点の魅力をお楽しみ下さい。

特別展 ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション

17/10/28 - 18/2/4

本展では古代エジプト、中国美術、日本美術、ヨーロッパ絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術の名品80点を紹介します。ゴッホ、モネ、ルノワール、蕭白、歌麿、一蝶、徽宗、ウォーホル、村上隆など、東西の...

GLOBAL NEW ARTタグチ・アートコレクションのエッセンス展

17/8/25 - 17/11/12

本展は、タグチ・アートコレクションを西日本でまとまったかたちでご紹介するはじめての機会です。

福岡市美術館・北九州市立美術館 名品コレクション 夢の美術館―めぐりあう名画たち―

17/9/12 - 17/10/23

福岡市美術館から39点、北九州市立美術館から29点、併せて68点の作品による夢の共演です。印象派のモネ、ルノワール、ドガからミロ、ダリ、ウォーホル、そして、藤田嗣治、草間彌生など国内外の近現代美術の巨匠...

夢の美術館ーめぐりあう名画たちー

17/7/22 - 17/9/3

明治時代から現代まで、時代の変化と共に独自の表現を展開した画家たちの表現をご堪能ください。

所蔵企画展 花

17/4/27 - 17/7/9

本展では、咲き競う美しい花々に囲まれ、心なごむひとときを皆様にお届けいたします。

夢の美術館─めぐりあう名画たち─

17/4/11 - 17/5/28

現在改修工事のため休館中の北九州市立美術館と福岡市美術館。このまたとない機会に、両館の代表的作品が熊本県立美術館本館に集結します。

夢の美術館 -めぐりあう名画たち-

17/2/23 - 17/4/2

国内有数の優れたコレクションで知られる北九州市立美術館と福岡市美術館。本展は、両館のリニューアル工事に伴う休館により実現することとなった、まさに夢のプロジェクトです。フランス印象派から現代美術まで...

複製技術と美術家たちーピカソからウォーホルまで

16/4/23 - 16/6/5

版画、写真、書籍など複製技術を用いた多様な作品と、油彩画や彫刻など伝統的なメディアによる作品を合わせた約400点を5つの章で紹介し、複製テクノロジーが浸透する現代の先駆けとなった時代の美術家たちの挑戦...

20世紀の画家たち-版画を中心に-

16/1/10 - 16/2/21

個性豊かな20世紀を代表する12人の画家たちの版画作品約20点を当館コレクションの中からご紹介いたします。

美術する身体 ピカソ、マティス、ウォーホル

14/9/20 - 14/11/30

ピカソやマティスに始まる20世紀の作家たちは、見たままを描くのではない表現や、写真のように本物そっくりな表現など、様々な表現に取り組みました。彼らは「身体」をどのようにとらえ、描いたのでしょうか?

現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより

14/9/6 - 14/10/26

現代美術の名品の数々を楽しんでいただくとともに、世界的なコレクターの慧眼によって選び抜かれたコレクションの素晴らしさを存分に味わっていただける展覧会です。

たぐ展☆TAG-TEN    みんなが見たかった現代アートはこれっ!!

14/7/19 - 14/9/28

アートシーンの“いま”を体感することができる展覧会です。

世界の名画と出会う ─ピカソ、マチス、ウォーホルの版画から─

14/9/6 - 14/9/28

近代西洋から現代の日本に至るまでの当館蔵の版画の名品を通じ、近現代美術の流れを概観しながら、紙、布、陶器などさまざまな素材の上に表された版画の多様な技法を楽しんでいただける展覧会です。

館蔵品テーマ展示「版画の魅力・Ⅱ」展

14/5/17 - 14/7/27

「版画の魅力・Ⅱ」では、「版画の魅力・Ⅰ」の木版画、銅版画に引き続き、リトグラフと シルクスクリーンをご紹介します。

リフレイン—反復の魔力

14/3/1 - 14/4/6

本展覧会では、「反復・くり返し」という視点から当館の収蔵作品を見ることで、そこに込められた多様な意図や効果を探るとともに、その魅力をご紹介します。

ポップの目─アーティストたちは現代文化に何を見たか─

13/9/7 - 13/10/6

激動の20世紀をひとまず乗り越えた現代の我々に、ポップ・アートの作品群は再び何を教えてくれるのでしょうか。

美の響演 関西コレクションズ

13/4/6 - 13/7/15

今回は20世紀初頭のセザンヌ、ピカソ、マティス、ブランクーシらの名品から、ロスコ、ルイス、ウォーホルらのアメリカ美術、そして現在活躍するリヒターやタイマンスらの絵画、シャーマンやシュトゥルートらの写...

「100年前の現代アート“アーモリー・ショー1913”の作家たち」展<後期>

13/2/19 - 13/3/31

世界を牽引するアメリカ現代アートの展開、隆盛への礎となったアーモリー・ショー。フロンティア・スピリットみなぎる100年前の現代アートの息吹をご堪能いただけましたら幸いです。

1

「100年前の現代アート“アーモリー・ショー1913”の作家たち」展<前期>

13/1/4 - 13/2/17

歴史的な展覧会からちょうど100年となる2013年、当時の出品作家に焦点を当て、当館の油彩、パステル、版画、彫刻、写真、映像等で、ショーの位相を俯瞰します。

自由になれるとき―現代美術はこんなにおもしろい!

12/9/27 - 12/11/4

今まさに生まれる表現を体験し、同時代を生きる作家や関係者の声を聴けるのも、「現代美術」の醍醐味の一つ。私たちが生きるこの時代に、生まれるべくして生まれた素晴らしい「現代美術」の数々を是非体験しに来...

A

After the War 隆盛する戦後の欧米版画

12/8/4 - 12/9/23

ウォーホルやリキテンスタイン、フランケンサーラーやホックニーなどの、斬新でダイナミックな展開をみせる作品約130点を一堂に展覧します。

F

FLOWERSCAPES フラワースケープ―画家たちと旅する花の世界

12/4/28 - 12/7/22

本展では花の描かれた絵画空間を「FLOWERSCAPES(フラワースケープ)」と名付け、9つのセクションを巡りながら、描かれた花々に秘められた豊かな可能性を探ります。

版画でみる20世紀展 ピカソからウォーホルまで滋賀県立近代美術館コレクションを中心に

12/4/20 - 12/7/1

本展では、国内屈指の版画コレクションで知られる滋賀県立近代美術館と当館が所蔵する、15作家による版画作品70余点を通して、西洋近代美術において大きく変遷した20世紀美術を再考します。

国立国際美術館開館35周年記念展 コレクションの誘惑

12/4/21 - 12/6/24

開館35周年となる今年、6300点を超えるコレクションから、約150作家、350点余りの作品を全館展示します。第1部(B2階)では、20世紀から21世紀にかけての現代美術を幅広く紹介します。第2部(B3階)では、90年代...

戦後アメリカ美術の軌跡

11/9/6 - 11/12/18

常設展示室2では、主にアメリカと日本の現代美術の作品を3ヵ月ごとに展示替えを行って紹介しています。今回は「戦後アメリカ美術の軌跡」と題し、当館の主要なコレクションである第2次世界大戦後のアメリカ美...

20世紀末・新表現主義作品を中心に

11/6/19 - 11/7/10

高知県立美術館の収蔵品の中から、その巨大さからまとめて展示する機会の少ない「新表現主義」の大作群を一堂に展示する標記展覧会を開催いたします。世界的にも高い評価と人気を誇るアーティストであるキーファ...

ハートビート展 時代にキスして アイ・ラブ・アート11

11/1/22 - 11/4/17

私たちのハートビートが聴こえる。―――時代にキスして。アイ・ラブ・アート11は、ワタリウム美術館の現代美術コレクションより14人のアーティストの作品に、特別出品として坂本龍一氏の音楽を交え、「ハートビート...

ポップ・アート 1960’s→2000’s

10/12/19 - 11/3/27

「ポップ」をキーワードに、現代のアートシーンをなおもリードし続けるアメリカ美術の一断面を紹介いたします。

コレクション展2010-? 「肖像(ポートレイト):黙して語る」

10/11/20 - 11/2/24

時代の証人ともなる「肖像(ポートレイト)」は、黙したまま、かくも多くのことを観る者に語りかけており、その解釈は観る者にゆだねられているともいえます。

展覧会ポスターにみるアートの世界―ピカソからウォーホルまで―

10/11/12 - 10/12/26

ポスターからかいま見える1960年代のアート・シーンの様相やグラフィック・デザインの妙をご紹介します。

赤と黒−色彩の実験

10/8/31 - 10/12/19

数ある色彩の中でも特に強烈な、「赤」と「黒」のモノクローム(単色)絵画を対比的に展示します。

ピカソと20世紀美術の巨匠たち

10/7/23 - 10/9/5

この展覧会では、代表的な作風を示す初期から晩年までの作品8点を展示し、20世紀最大の巨匠ピカソの芸術に触れていただきます。

2

20世紀美術への招待状−ピカソ、シャガールから横山大観、竹内栖鳳まで−富山県立近代美術館・富山県水墨美術館所蔵作品による

10/7/16 - 10/8/22

富山県が誇る二大美術館の100点を越える作品により、20世紀の美術の世界へご招待します。

ピカソと20世紀美術の巨匠たち

10/5/22 - 10/7/11

本展では、初期から晩年にいたるまでの各時代の典型となる絵画8点で、ピカソが創造した作品世界のエッセンスを紹介します。

ポップ・アート1960's → 2000's

10/5/25 - 10/7/4

本展は、戦後アメリカ美術を収集する優れた企業コレクションとして知られるミスミ・アートコレクションより、1960年代のポップ・スターであるリキテンスタイン、ウォーホル、80年代に世界中のアイドルとなったキ...

ピカソと20世紀美術の巨匠たち

10/2/6 - 10/3/28

ピカソやマティス、ウォーホルなど、20世紀美術を代表する巨匠たち41名の作品、60点を紹介します。

ルートヴィヒ美術館所蔵 ピカソと20世紀美術の巨匠たち

09/11/17 - 10/1/11

フランスのキュビスム、フォービスム、エコール・ド・パリ、シュルレアリスム、ロシアとイタリアの前衛美術、アメリカのポップ・アートなど、20世紀初頭から戦後の美術まで、西洋美術の歴史とその多様な広がりを...

ポップアート 1960's→2000's

09/10/31 - 09/12/20

本展では戦後アメリカ美術の優れた企業コレクションとして知られるミスミコレクションより、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタインといったポップ・アートの巨匠や、現在活躍中のマリーナ・カポスらの近...

『開館25周年記念 collection+アメリカン・ハイ ―アメリカ美術の20世紀―あの頃すべてが輝いていた』

09/7/18 - 09/8/30

今回の展覧会は、「collection+」と銘打って、当館の収蔵作品のほか、国立国際美術館の所蔵する戦後アメリカ美術の名品を展示・公開いたします。

最先端アートの50年ーアートって何?−

09/5/30 - 09/7/26

本展では、日本のアクションペインティングの第一人者である白髪一雄「芬芳」、実物よりも大きいカラスがモノトーンで刷られたジム・ダイン「鴉」、新しいセルフポートレイト表現を追及する森村泰昌「石榴を持つ...

ヴィジョンズ オブ アメリカ第3部 アメリカン・メガミックス 1957-1987

08/10/25 - 08/12/7

戦後アメリカ文化のダイナミズムは「路上」にあったのではないだろうか?ロバート・フランク『アメリカ人』、ウィリアム・クライン『ニューヨーク』のストリート写真は過去のドキュメンタリー写真の既成概念をく...

美しい 青い風が − I Love Art 9

08/9/5 - 08/12/7

今回は、ワタリウム美術館のコレクションより、未公開作品を中心に108点を展示します。近年、映画監督として注目を集めているジュリアン・シュナーベル(1951- アメリカ)の1988年の作品、現代音楽家ジョン・ケ...