『アントワーヌ・ブールデル(Antoine Bourdelle)』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

アントワーヌ・ブールデル(Antoine Bourdelle)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『アントワーヌ・ブールデル(Antoine Bourdelle)』の展示会情報

石橋美術館物語 1956久留米からはじまる。

16/7/2 - 16/8/28

石橋美術館という名称での最後の展覧会となる本展では、60年の活動を石橋財団コレクションでたどります。

秋季展「僕の小美術館〜実篤コレクション名品展」

15/9/5 - 15/10/18

当館・東京都現代美術館・新しき村美術館に別れている実篤コレクションの名品を一堂に集めて,実篤の眼が選んだ作品をご覧いただきます。

画家の目、彫刻家の手

14/1/18 - 14/4/13

本展では、ブリヂストン美術館の所蔵する絵画と彫刻、合計約160点をご紹介します。

ロダンからはじまる 彫刻の近代特集展示:ズビネック・セカール

13/12/14 - 14/3/23

当館の所蔵作品から選りすぐりの彫刻作品と彫刻家による素描や版画、約30点を紹介します。

手の痕跡国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描

12/11/3 - 13/1/27

今回は、素描、版画を含め所蔵のロダン、ブールデル作品を中心に約90点を展示します。

4

4つの星−札幌二中の彫刻家たち

12/9/22 - 12/11/11

本展では、4人がそれぞれに築き上げた独自の作品世界を紹介するとともに、新制作協会という共通の基盤のなかで互いに刺激し合いながら制作に励んだ彼らの影響関係を探ります。

MOMASコレクション第1期

11/4/23 - 11/7/10

○「近代の絵画と彫刻」○「山本容子の世界1」○「日本美術院の系譜―埼玉ゆかりの画家を中心に」○「自然に学び、自然を刻む―増田三男の金工」

ブロンズ彫刻の魅力展

10/11/30 - 11/1/23

今回の企画展では、鹿児島市立美術館の所蔵品から、ヘンリー・ムーアやクロチェッティら西洋美術の作家と安藤照や中村晋也ら鹿児島にゆかりのある作家のブロンズによる彫刻作品を展示いたします。

ようこそ 彫刻の森へ

10/4/25 - 10/9/5

本年は40周年を迎えるにあたり、所蔵作品を中心として、その魅力をお伝えする展覧会を3部構成で開催する予定です。第1部では、彫刻作品を中心にご紹介します。

MOMASコレクション第1期

10/4/24 - 10/7/11

○「近代の絵画と彫刻」○「埼玉の美術家たち」○「近代日本画の草創期−橋本雅邦から大観・観山へ」○「彫刻家の版画と素描」