『荒川修作』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

荒川修作』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『荒川修作』の展示会情報

コレクション展Ⅲ 特集 版画芸術への誘い

15/4/29 - 15/6/28

本展では、当館が所蔵する約4,500点の版画から国内作家の作品に焦点を当て、版画技法の魅力に迫ります。

開館40周年記念 丘の上のタカラ箱

14/7/19 - 14/11/3

世界の巨匠たちの名品から、北九州だからこそ意味を持つ作品まで、唯一無二のコレクションを抱く「タカラ箱」の魅力をぜひ体感してください。

荒川修作の軌跡―天命反転、その先へ

14/5/12 - 14/6/14

本展では没後も多様な領域で影響力を発信し続ける知の巨人、荒川修作の軌跡をたどります。

日本の絵画の50年

13/4/20 - 13/6/16

この展覧会は、当館の前身である和歌山県立美術館が開館した1963(昭和38)年前後から、ほぼ50年の間に日本で生み出された作品を通して、日本における絵画制作の足どりを、時代と作家によって見ていくものです。

A

ABC アートとブックのコラボレーション展

12/5/12 - 12/6/24

本展は、「アート」と「本(ブック)」という切り口から、北九州市立美術館とうらわ美術館の所蔵品が「コラボレーション」する企画です。

スーパーコレクション展 〜新潟市美術館25年の歩みから〜

11/4/16 - 11/5/29

本展覧会は、「近代の美術」「阿部展也の絵画世界」「現代の美術」「新潟ゆかりの先達たち」の四部で構成します。

【愛知・岐阜・三重三県立美術館協同企画展 ひろがるアート】

10/10/23 - 10/12/19

今回は『ひろがるアート〜現代美術入門篇〜』と題して、三館が所蔵する20世紀後半の美術に焦点を当てます。

死なないための葬送─荒川修作初期作品展

10/4/17 - 10/6/27

本展では、3作品の大阪での初公開を含め、1958年から渡米直前にかけて制作された20点余の初期立体作品が全国の美術館から集まります。

大阪府 大阪市国立国際美術館

荒川修作+マドリン・ギンズ 天命反転プロジェクト

10/5/10 - 10/6/25

本展覧会では、荒川+ギンズの天命反転プロジェクトの展開を、図面やCGや写真によって紹介します。

最先端アートの50年ーアートって何?−

09/5/30 - 09/7/26

本展では、日本のアクションペインティングの第一人者である白髪一雄「芬芳」、実物よりも大きいカラスがモノトーンで刷られたジム・ダイン「鴉」、新しいセルフポートレイト表現を追及する森村泰昌「石榴を持つ...