『オーギュスト・ルノワール(Auguste Renoir)』の展示会情報

ポーラ美術館開館15周年記念展100点の名画でめぐる100年の旅

10/1 - 3/11

今回の展覧会では、およそ1万点を数えるコレクションのなかから、西洋絵画71点、日本の洋画29点を厳選いたしました。この100点をご覧頂くことで、西洋と日本の近代絵画の流れを追うことができます。 100点はどれ...

特別展 ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション

10/28 - 2/4

本展では古代エジプト、中国美術、日本美術、ヨーロッパ絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術の名品80点を紹介します。ゴッホ、モネ、ルノワール、蕭白、歌麿、一蝶、徽宗、ウォーホル、村上隆など、東西の...

オーギュスト・ルノワール(Auguste Renoir)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『オーギュスト・ルノワール(Auguste Renoir)』の展示会情報

特別展「ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展―やすらぎの美を求めて―」

17/9/16 - 17/11/12

本展は、現在、オフィスコーヒーや介護、リゾートなどの事業を幅広く展開しているユニマットグループの創業者、高橋洋二氏が、長年にわたって収集してこられた西洋美術品の中から、選りすぐった精華を紹介するも...

富山県美術館開館記念展 Part 1 生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて

17/8/26 - 17/11/5

本展は、富山県美術館(TAD)の開館記念展の第一弾として、アートの根源的なテーマである「LIFE」を「『すばらしい世界=楽園』をもとめる旅」ととらえ、「子ども」「愛」「日常」「感情」「夢」「死」「プリミテ...

「夢に挑む 洋画をめぐる画家たちの冒険 ~明治・大正・昭和 日本と青森の近代洋画史~」展

17/9/23 - 17/11/5

本展では、茨城県近代美術館、栃木県立美術館のコレクションによる日本近代洋画の充実した作品群並びにフランス近代洋画4点を特別展示するとともに、青森県立美術館をはじめ、県内の美術館・博物館等が所蔵する青...

福岡市美術館・北九州市立美術館 名品コレクション 夢の美術館―めぐりあう名画たち―

17/9/12 - 17/10/23

福岡市美術館から39点、北九州市立美術館から29点、併せて68点の作品による夢の共演です。印象派のモネ、ルノワール、ドガからミロ、ダリ、ウォーホル、そして、藤田嗣治、草間彌生など国内外の近現代美術の巨匠...

館蔵 中国の工芸 松岡コレクション 印象派・新印象派  モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?

17/5/23 - 17/9/23

展示室4で「館蔵 中国の工芸」 展示室5、6で「松岡コレクション 印象派・新印象派   モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?」を同時開催しています。

夢の美術館ーめぐりあう名画たちー

17/7/22 - 17/9/3

明治時代から現代まで、時代の変化と共に独自の表現を展開した画家たちの表現をご堪能ください。

フローラー花々と美の饗宴ー

17/3/1 - 17/7/31

本展では、ルノワール、キスリング、藤田嗣治、上村松園など、さまざまな画家による花と女性を描いた作品を一堂に展覧いたします。

ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ

17/6/7 - 17/7/23

近代英国風景画の双璧を成すターナー、コンスタブルをはじめ、写実主義のミレーやクールベ、印象派のモネ、ルノワール、ラファエル前派のロセッティら、美術史に輝くスターたちの個性きらめく名品が一堂に会します。

くらべてたのしむ静物画

17/4/9 - 17/7/17

画家たちが身近なものを描いた静物画。そこには巧みな描写や美しい色彩など、さまざまな魅力が秘められています。本展では、須田国太郎やルノワールらの作品をみくらべていくことで、静物画の魅力をお楽しみいた...

国立西洋美術館所蔵ミューズ:まなざしの先の女性たち

17/4/22 - 17/7/2

8つの章で構成される本展覧会は、昨年ル・コルビジュエの建築作品が世界遺産に登録された国立西洋美術館のコレクションから、合計103点の絵画、版画、彫刻、そして指輪作品が出品されます。ルネサンスから印象派...