『オーギュスト・ルノワール(Auguste Renoir)』の展示会情報

印象派への旅  海運王の夢  バレル・コレクション

10/12 - 12/9

本展では、バレル・コレクションにおける良質のフランス絵画を中心にしながら、同コレクションでも重要な位置を占める、スコットランドやオランダ人画家の作品をあわせてご紹介します。

開館30周年記念特別展「ポーラ美術館コレクション―モネ、ルノワールからピカソまで」

9/4 - 11/18

本展覧会では,モネ,ルノワールなど印象派の名品をはじめ,マティス,ピカソらの20世紀絵画に至るまで,同コレクションから72点を選りすぐり,フランス近代絵画の魅力を紹介します。

オーギュスト・ルノワール(Auguste Renoir)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『オーギュスト・ルノワール(Auguste Renoir)』の展示会情報

ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで

18/7/6 - 18/8/26

本展では、そのコレクションの中から、特に人気の高い印象派を代表するモネ、ルノワールをはじめ、ポスト印象派のセザンヌやゴーガン、フォーヴィスム(野獣派)のマティス、さらにはキュビスムのピカソといった...

ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで

18/4/28 - 18/6/24

本展覧会は、ポーラ美術館のコレクションの中から、印象派を代表するモネ、ルノワールをはじめ、ポスト印象派のセザンヌからフォーヴ(野獣派)へ、 そして20世紀を代表するピカソまで、西洋近代美術史を代表する...

ブリジストン美術館展 石橋財団コレクションの精華

18/4/21 - 18/6/24

本展では休館中でなければ叶わないコロー、ルノワール、セザンヌ、ピカソなど19世紀から20世紀前半にかけての西洋近代絵画、そして黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治、岸田劉生など明治から大正、昭和初期にかけての...

ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展

18/4/14 - 18/6/17

本展は、今なお世界中の人を魅了してやまない珠玉の近代フランス美術を一望できる貴重な機会であり、その美しさと豊かさは、多忙な生活を送る現代の私たちにも、時代を超えて安らぎをもたらしてくれることでしょう。

岩手県 盛岡市岩手県立美術館

描かれた女性たち

18/3/7 - 18/5/28

妖艶な裸婦から幼気な少女まで様々な画家たちの手によって描かれてきた“女性”。各々の画家たちが描く個々の女性の“魅力”をお楽しみください。

収蔵コレクション展 「 春爛漫 」

18/2/24 - 18/4/8

当館の収蔵作品約800点の中から、春を感じていただける作品をご紹介いたします。二階の町子コーナーでは長谷川町子原作展「磯野家の春」と題し、「サザエさん」に描かれた春の風景をご紹介します。

ポーラ美術館開館15周年記念展100点の名画でめぐる100年の旅

17/10/1 - 18/3/11

今回の展覧会では、およそ1万点を数えるコレクションのなかから、西洋絵画71点、日本の洋画29点を厳選いたしました。この100点をご覧頂くことで、西洋と日本の近代絵画の流れを追うことができます。 100点はどれ...

特別展 ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション

17/10/28 - 18/2/4

本展では古代エジプト、中国美術、日本美術、ヨーロッパ絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術の名品80点を紹介します。ゴッホ、モネ、ルノワール、蕭白、歌麿、一蝶、徽宗、ウォーホル、村上隆など、東西の...

特別展「ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展―やすらぎの美を求めて―」

17/9/16 - 17/11/12

本展は、現在、オフィスコーヒーや介護、リゾートなどの事業を幅広く展開しているユニマットグループの創業者、高橋洋二氏が、長年にわたって収集してこられた西洋美術品の中から、選りすぐった精華を紹介するも...

富山県美術館開館記念展 Part 1 生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて

17/8/26 - 17/11/5

本展は、富山県美術館(TAD)の開館記念展の第一弾として、アートの根源的なテーマである「LIFE」を「『すばらしい世界=楽園』をもとめる旅」ととらえ、「子ども」「愛」「日常」「感情」「夢」「死」「プリミテ...