『カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro)』の展示会情報

未開催

ランス美術館展華麗なるフランス絵画

7/6 - 8/27

本展では、ランス美術館のコレクションから、17~20世紀までのフランス絵画と、レオナール・フジタ(藤田嗣治)の絵画作品など、約70点をご紹介します。華麗なるフランス絵画400年の歴史をご堪能ください。

国立西洋美術館所蔵ミューズ:まなざしの先の女性たち

4/22 - 7/2

8つの章で構成される本展覧会は、昨年ル・コルビジュエの建築作品が世界遺産に登録された国立西洋美術館のコレクションから、合計103点の絵画、版画、彫刻、そして指輪作品が出品されます。ルネサンスから印象派...

フランス絵画の宝庫 ランス美術館展

4/22 - 6/25

本展覧会はランス美術館の所蔵作品から、17世紀から20世紀まで、選び抜かれた作品約70点を展示、華麗なるフランス絵画の歴史をたどります。また、ランス市に縁の深い日本出身の画家レオナール・フジタ(藤田嗣治...

吉野石膏コレクション 印象派からエコール・ド・パリまで

6/6 - 6/25

日本人にとっても馴染み深い、ピサロ、モネ、ルノワールら印象派の作品から、20世紀初頭のパリでそれぞれに独創的な作風を展開したマルケ、ヴラマンク、ユトリロ、ローランサン、そして藤田嗣治らの作品約90点を...

カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

関連リンク

過去の『カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro)』の展示会情報

華麗なるフランス絵画 ランス美術館展

17/2/11 - 17/3/26

ランス美術館は、中世美術から現代美術まで幅広いコレクションを有しており、本展ではそのコレクションの中から、バロック、ロココ、バルビゾン派から印象主義にいたるまで、フランス美術400年の輝かしい作品をご...

華麗なるフランス絵画ランス美術館展ダヴィッドからピサロ、ゴーギャン、藤田嗣治まで

16/11/5 - 16/12/25

本展では、17世紀フランス宮廷画家から始まり、優雅なロココ様式、ダヴィッドに見る新古典主義からドラクロアのロマン派、19世紀の近代風景画、印象派からポスト印象派へと、「珠玉のフランス美術」を余す事なく...

ランス美術館展

16/9/10 - 16/10/30

本展では、ドラクロワ、ジェリコー、コロー、ミレー、ピサロ、シスレー、ゴーギャン、ドニをはじめとする17世紀から20世紀の巨匠たち、そして晩年この地で洗礼を受け、制作も行ったレオナール・フジタ(藤田嗣治...

フランスの風景 樹をめぐる物語

16/8/30 - 16/10/16

本展では「樹木」というモティーフを通して、コローからモネやピサロ、ルドン、マティスまで、フランス近代絵画の変遷を辿ります。

ランス美術館展

16/7/16 - 16/9/4

ランス美術館の所蔵する珠玉のフランス絵画を4つの章により一堂に紹介するものです。

ポーラ美術館コレクション展モネからピカソ、シャガールへ

16/7/2 - 16/8/28

本展は、コロー、クールベに始まり、ルノワール、モネ、ピサロ、シスレーら印象派の画家へと続きます。

フランスの風景 樹をめぐる物語 -コローからモネ、ピサロ、マティスまで-

16/4/16 - 16/6/26

「樹木」というモティーフを通して、印象派を中心とするフランス近代風景画の進展を探る展覧会です。

空飛ぶ美術館

15/3/7 - 15/5/6

「空飛ぶ美術館」展では、鳥や天使、飛行機等を表した作品をはじめとする、空や飛翔にまつわる古今東西の美術作品を一堂に会し、美術家たちの夢や冒険の足跡をご紹介します。

西洋近代絵画と松方コレクション

14/7/18 - 14/8/31

「多くの人々に西洋美術の名品と触れ合ってほしい」。その規模こそ異なるものの、両者が抱く理念は同じものです。この夏、松方幸次郎と鹿児島市立美術館が抱き続けた夢が、一つに重なり合います。

開館30周年記念 「黒田清輝と館蔵の洋画展」

13/7/16 - 13/9/21

近代日本洋画の父、黒田清輝の没後90年を記念し、国内の黒田清輝や安井曽太郎、梅原龍三郎らの作品から、海外のピサロ、ロートレック、ドランなどの館蔵洋画の優品約30点を展示いたします。