『長次郎』の展示会情報

新春展 樂歴代 変わる − 時代・元号・歳・代 −

12/14 - 3/10

今回は、長次郎はじめ歴代の作品を中心に、歴代が代を継ぐ以前(惣吉時代)の作品から隠居後の作品までを展覧し、時代の変化、歴代自身の作風の変化による樂焼の世界観を感じる展覧会となっています。 新しい年...

京都府 京都市楽美術館

長次郎』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『長次郎』の展示会情報

明治維新150年記念幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし

18/7/15 - 18/9/17

幕末から昭和にかけて制作された絵画や工芸作品、近代数寄者ゆかりの茶道具などをご紹介いたします。目まぐるしく移り変わる時代の中で、芸術家や数寄者たちが求めた美の世界をお楽しみください。

開館40周年 夏期展 樂焼って何だろう? 炎の中の赤と黒

18/6/30 - 18/8/26

今回の展観では、初代長次郎の黒樂茶碗「萬代」や3代道入の赤樂茶碗「僧正」、5代宗入の黒樂平茶碗「古池」、15代吉左衞門の焼貫黒樂茶碗「老鴞」などが並びます。個性に富んだ赤樂茶碗や黒樂茶碗から、その内に...

京都府 京都市楽美術館

能と樂茶碗 幽玄と侘び − 形の奥にある美意識

18/3/17 - 18/6/24

本展では能と茶の湯、特に能面と樂茶碗に焦点を当て、作品を通じて幽玄美と侘びの共演、共通する美意識を探ります。

京都府 京都市楽美術館

秋期特別展 名碗 ロシアを旅した樂 樂美術館版 エルミタージュ、プーシキン美術館帰国展

17/9/30 - 17/12/24

今回の秋期特別展では、樂美術館特別版の帰国展として、ロシアの人々との交流にも焦点を当て心の中に残るこの素晴らしい思い出を展覧会に致しました。 ロシアを旅した樂焼の名品と共に、ロシアの子供たちが描い...

京都府 京都市楽美術館

名品選(三)江戸期の南画

17/9/17 - 17/11/30

日本の南画の精神性、上方・関東の画人たちの特性など、山水・花鳥画に表された風趣あふれる作品の数々をご覧ください。

夏期展 樂焼って何だろう? RAKU WARE – One of the Most Traditional Japanese Ceramics –

17/7/1 - 17/9/24

今回の展覧会では、初代長次郎の黒樂平茶碗『隠岐嶋』や3代道入の 黒樂平茶碗『燕児』、9代了入の赤樂茶碗 古稀七十之内など、樂焼が持つ魅力を作品から感じて頂くと共に、実際に使われている窯道具なども展示し...

京都府 京都市楽美術館
M

MOA美術館所蔵品 特別展示 黄金の茶室と現代日本美術の粋

17/7/15 - 17/8/27

秀吉の命によりつくられた黄金の茶室は、その名のとおり室内から茶道具に至るまで金が用いられ、秀吉はここで正親町天皇に茶を献じたといわれています。絢爛豪華な「黄金の茶室」(復元)と桃山・江戸の茶の湯に...

「ひと目でわかる京焼300年の歴史 江戸時代のやきもの―仁清・乾山窯と後期京焼の食器を中心に―」

17/4/8 - 17/7/30

日本各地の窯に影響を与えた陶工、手捏ねの茶碗に自作の和歌を書き付けた太田垣連月尼の茶碗など、この時期の絵画を交えて京都のやきもの変遷を概観します。

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術

17/3/14 - 17/5/21

本展では、現代からの視点で初代長次郎はじめ歴代の「今―現代」を見ることにより一子相伝の中の現代性を考察するものです。正しく伝統や伝承ではない不連続の連続によって生み出された樂焼の芸術をご覧いただけま...

東京都 千代田区東京国立近代美術館

平成28年秋季特別展 いとをかし 和もの茶わんの世界

16/9/3 - 16/12/4

優雅で華やか、または個性的でおもしろみのある茶碗の数々を御鑑賞いただけたら幸いです。