『ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau)』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau)』の展示会情報

神戸開港150年プレイベント松方コレクション展 ―松方幸次郎 夢の軌跡―

16/9/17 - 16/11/27

美術館建設を夢見ながらも一大コレクションの散逸を防ぐことができなかった松方幸次郎の、叶わなかった想い、追い求めた夢の軌跡をあとづける、またとない展覧会になるものと考えています。

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝

15/10/16 - 16/1/11

本展では、地中海地域の古代文明がもたらした金の傑作の数々を、金を題材とする絵画とともに展示し、黄金に魅了された人類の歴史をひもといていきます。

画家の目、彫刻家の手

14/1/18 - 14/4/13

本展では、ブリヂストン美術館の所蔵する絵画と彫刻、合計約160点をご紹介します。

モローとルオー

13/12/20 - 14/3/23

師弟という関係を越え、強い絆で結びついたモローとルオー。師から弟子へ継承された“美の真髄”とは何か。 そのすべてが本展覧会で明らかになります。

モローとルオー −聖なるものの継承と変容−

13/9/7 - 13/12/10

汐留ミュージアム開館10周年を記念する本展は、ギュスターヴ・モロー美術館館長監修により企画 され、パリに先駆けて開催される世界初の二人展です。モロー晩年の未公開作品やルオーの美術学校時代の作品など日本...

ルーヴル美術館の銅版画展〜カルコグラフィーコレクション〜

13/7/21 - 13/9/1

本展覧会では、ルーヴル美術館カルコグラフィー室の銅版画コレクション約13,000点の中から、日本での特別公開のために、当時の版を使い刷られた銅版画約130点をご紹介します。

象徴派―夢幻美の使徒たち

12/9/8 - 12/10/21

本展は、国内有数の「象徴派」コレクションを所蔵する岐阜県立美術館、姫路市立美術館と当館の共同企画により、これまで十分に紹介されてこなかった象徴主義芸術の多角的な魅力をお伝えするものです。

開館30周年記念象徴派−夢幻美の使徒たち

12/7/13 - 12/8/26

ヨーロッパ世紀末を華やかに彩った象徴派−モロー、ルドン、ボナール、ビアズリー、クノップフら夢幻美の使徒たち51人による全212点(前後期入替あり)の精華をお楽しみください。

名画パレード展 岐阜県美術館コレクション

10/7/10 - 10/9/5

本展は、象徴主義を代表するルドンとその周辺作家に、岐阜出身の川合玉堂や山本芳翠らの作品を加え、広く紹介するものです。

国立西洋美術館開館50周年記念事業所蔵水彩・素描展―松方コレクションとその後

10/2/23 - 10/5/30

本展はブラングィン展の関連小企画展として、所蔵品のなかから松方コレクションを中心に19−20世紀の主要な水彩・素描作品38点ほどを紹介します。

東京都 台東区国立西洋美術館