『長谷川三郎』の展示会情報

イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの

1/12 - 3/24

本展は、このふたりの芸術家の交友に焦点を当て、彼らが何を見、何を考え、何を目指したのかを、ふたりが共に歩んだ1950年代を中心に、ノグチ作品約50点、長谷川作品約70点を通して明らかにしようとするものです。

長谷川三郎』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『長谷川三郎』の展示会情報

モダニストの日本美 石元泰博「桂」の系譜

18/1/4 - 18/3/4

本展では、欧米を巡回して好評を得た石元の「桂離宮」シリーズ50点とともに、日本的なものとモダニズムとの間に親近性を見出したアーティストやデザイナーたち、三岸好太郎、長谷川三郎、イサム・ノグチらの作品...

「交差するアーティストたち-戦後の関西」展

17/7/15 - 17/9/18

本展ではコレクション作品のなかより、阪神間といわれる神戸から大阪を範囲とする地域ゆかりの長谷川三郎、吉原治良、津高和一を柱にして、アーティストたちの活動や交流を紹介します。

開館33周年記念 キーワードは“3”

16/6/28 - 16/9/4

「3」を切り口にした多種多様な作品と、美術をつくりあげている「3」の魅力をどうぞお楽しみください。

【所蔵品展】下関ゆかりの日本画家たち/生誕100年彫刻家・植木茂とその周辺

13/3/20 - 13/5/12

下関ゆかりの日本画家たちでは江戸後期の御用絵師の作品から、在野で活躍した絵師たち、さらには近代日本画家・対馬白龍まで、下関ゆかりの日本画家の作品約20点を紹介します。生誕100年彫刻家・植木茂とその周辺...