『平川敏夫』の展示会情報

風景の会 〜30年の歩み〜

5/26 - 7/16

《風景の会》設立30年余の会の歩みを振り返り、中部画壇に遺してきた足跡や、風景表現への意欲的な取り組み、その意義に光を当てるとともに、風景表現はどのように変貌してきたのか、これからの風景とは何か、そ...

平川敏夫』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『平川敏夫』の展示会情報

創画会 70周年記念展

17/3/18 - 17/5/7

創造美術創立から70周年を記念し、創立会員、物故会員、現会員91名の作品による記念展を開催します。

古川美術館企画展「四季暦〜玄冬之章」

15/10/24 - 15/12/20

本展では、静寂の中から生まれた美術品から春の訪れを予感させる作品を展示し、《冬》を様々な観点から紹介していきます。

収蔵品展 中村正義をめぐって

12/12/22 - 13/2/10

郷土の若い日本画家たちの中心としてひとつのエポックを築き上げた中村正義の交友関係に注目。正義の代表作をはじめ、師・中村岳陵や同志というべき星野眞吾、正義の影響で画家を目指した平川敏夫・大森運夫・高...

常設展第?期 モノクロームの世界

12/11/10 - 12/12/16

当館収蔵作品の中から日本画や洋画、鉛筆デッサン、金属を使った絵画など、ジャンルにこだわらずモノトーンの作品をセレクト。

愛知県 刈谷市刈谷市美術館

豊橋市美術博物館収蔵品展平川敏夫と大森運夫〜それぞれの道程〜樹々の生命を讃えた平川、人間の生き様を見つめた大森〜

12/2/11 - 12/3/18

当館では平成2年度に平川敏夫展、平成3年度に大森運夫展を開催しており、平川作品72点(うち素描20点)、大森作品57点(うち素描22点)を収蔵し、両者の画業を通観できるコレクションを形成しています。このたび...

収蔵コレクション展「日本の美」

11/12/10 - 12/2/12

今回の収蔵コレクション展「日本の美」では、小松崎邦雄や弦田英太郎が描いた舞妓さんの作品を中心に、日本独自の美意識を感じられる作品ばかりを選んで展示いたします。加山又造「丹頂」「月光の嶺」、平山郁夫...

&

<所蔵品展> 名都美術館 コレクション? 凍れる季節<併設企画>葛 皓& 中山幸昶 の世界 (10/29〜11/13)

11/10/29 - 11/12/4

特別展「ミュージアム・サミット 美の競演−三遠南信交流展−」

10/9/11 - 10/10/11

3地域4館それぞれの施設が誇る珠玉の名品たちが、飯田市美術館に集結します。

コレクションの魅力

09/4/25 - 09/7/12

本展は、日本画18点、油彩画21点、水彩画5点、版画6点、書5点、彫刻6点、工芸9点、その他新しい素材を使った作品などを展示します。

&

<常設展> 冬枯れ 所蔵名品展

08/12/2 - 08/12/25

所蔵の日本画作品の中から1年のしめくくりにふさわしい珠玉の作品約50点をご紹介いたします。忙しい年の瀬のひととき、名画との出会いでほっと一息つかれてはいかがでしょうか。また、今回は、伊東深水(いとう...