『オノレ・ドーミエ(Honore Daumier)』の展示会情報

シャルル=フランソワ・ドービニー展 バルビゾン派から印象派への架け橋

4/20 - 6/30

本展覧会では初期から晩年まで、ドービニーによる作品約60点、ならびにコロー、クールベ、ドーミエ、デュプレ兄弟、息子のカールといったドービニー周辺の画家たちによる作品約20点を展示いたします。

オノレ・ドーミエ(Honore Daumier)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『オノレ・ドーミエ(Honore Daumier)』の展示会情報

collection2カリカチュールがやってきた!19世紀最高峰の諷刺雑誌

19/1/12 - 19/2/24

本展では筆頭画家として活躍したグランヴィル(1803-47)はじめ、後半に痛烈な表現で同誌を牽引したドーミエ(1808-79)など創意に富んだ「カリカチュール」誌の主要な諷刺画を紹介します。

開館30 周年記念企画展「美術館へのおくりもの―寄贈によるコレクション成長のあゆみ」

18/4/21 - 18/6/3

本展は、作品寄贈にまつわる様々な背景を掘り起こしつつ、過去の展覧会の記憶も併せて展示する試みです。また、近年寄贈を受けた新発見の中村彝〈伊原元治氏像〉の初公開の機会となります。当館に携わったすべて...

コレクション2 しかめっつら ドーミエ流パリっ子図鑑

18/1/13 - 18/2/25

本展では、醜さをも魅力に変えた風俗諷刺約100点を4つの連作を通してご紹介します。ドーミエの面目躍如たる人物表現をご堪能ください。

兵庫県 伊丹市伊丹市立美術館

2D(にじげん)プリンターズ 芸術:世界の承認をめぐる闘争について

17/7/15 - 17/9/18

21世紀の今日もなおこのような自律的価値が有用なのか、あるいは批評性をもった社会的価値こそが有用なのかを、写真、版画、映像、印刷物などの複製技術と絵画、ドローイング、彫刻など約200点における手わざとを...

ドーミエどーみる? しりあがり寿の場合

16/1/16 - 16/3/6

ドーミエの珠玉の作品とともにしりあがり流諷刺画をお楽しみください。

兵庫県 伊丹市伊丹市立美術館

フランス万華鏡

14/3/28 - 14/5/11

近現代フランスの様々な様相を万華鏡のように紹介します。

THE COLLECTION 2014

14/1/11 - 14/3/9

第2弾となる本展では、Room1: 凸凹(デコボコ)/Room2: 戦争の惨禍ゴヤによる80 点の銅版画集を開催いたします。

30年ぶん。コレクションの全貌展

13/1/4 - 13/3/24

今回の展覧会は企画展示室と常設展示室を会場に、コレクションの全貌がご覧いただけるよう、二期に分けて公開します。江戸期から現代まで、時間軸に沿って東西の美術がどのような広がりを見せてきたのかをさまざ...

コレクション ウラがもれる

13/1/12 - 13/3/3

本展では、光と影などコントラストを成しつつもひとつの世界を形づくるもの(=共鳴・陰影礼賛)、日常とは異なる世界を示唆するもの(=アナザー・ワールド)、ある事実の裏側に潜む事柄に光を当てたもの(=暴か...

フランス写実主義の巨匠 クールベ展 印象派への架け橋

12/7/14 - 12/9/2

本展では、風景画を中心にした初期から晩年に渡る作品に加え、ドーミエほか周辺の作家たちによる版画・写真など約100点により、クールベの生きた時代とその芸術の軌跡を辿ります。