『百武兼行』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

百武兼行』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『百武兼行』の展示会情報

肥前さが幕末維新博覧会特別展「温故維新-美・技のSAGA-」

18/3/17 - 18/5/13

「美」をテーマにした展示では、日本の近代洋画をリードした百武兼行、久米桂一郎、岡田三郎助をはじめ、今、まさに国内外で活躍する吉岡徳仁や池田学までを紹介し、佐賀と関わりの深い美術家150年の歴史をその代...

新収蔵品展

16/12/23 - 17/2/5

たくさんの初公開資料も含まれており、新収蔵品展ならではのバラエティーに富んだ展示となっていますので、ぜひ、この機会にご鑑賞ください。

佐賀県立博物館「画家たちのヨーロッパ―異国に学んだ佐賀の画家たち―」展

13/1/16 - 13/3/17

洋画の「本場」の風景と歴史に触れ、画家たちは何を思ったのでしょうか。展示を通して、当時の画家たちの美への思い、胸の高まりを感じていただければと思います。 多くの方のご来館をお待ちしています。

日本近代洋画への道 ―山岡コレクションを中心に―

11/4/3 - 11/6/12

明治、大正、昭和と激動の時代を駆け抜けた画家たちの軌跡をぜひご覧ください。

「近代との遭遇−世界を見る・日本を創る−」 (佐賀県立佐賀城本丸歴史館開館5周年記念特別展)

10/1/1 - 10/2/14

幕末から明治にかけて海外へ渡った佐賀人が見た世界と、彼らが学んだ知識や技術によって創り出された近代日本の姿を、歴史と美術の視点から探訪します。

高岡開町400年記念・高岡市美術館開館15周年記念高岡美術百科 〜先人たちの近代〜

09/7/31 - 09/9/13

複雑精妙な技巧を凝らした明治の輸出銅器・漆器。林忠正がデザインしたアール・ヌーヴォー第一号とも思われる彫金の傑作。意外なエピソードと共に高岡市内に伝えられてきた書家・副島種臣、洋画家・百武兼行、岸...