『ヤン・ブリューゲル(Jan Brueghel)』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

ヤン・ブリューゲル(Jan Brueghel)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『ヤン・ブリューゲル(Jan Brueghel)』の展示会情報

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

18/7/28 - 18/9/24

ピーテル1世からひ孫のアブラハムらに至る4世代の画家たちと同時代のフランドルの画家たちが描いた宗教画、風景画、風俗画、静物画など多岐に渡る作品から、一族に脈々と受け継がれた画家の魂を感じ取っていただ...

おいしい名画~名画の中の食卓~

17/12/1 - 18/3/18

おいしそうな食べ物を描いた静物画、にぎやかな食卓の情景を描いた作品、重要な意味が潜む食材など、「食」をキーワードに古今の西洋名画を紹介するイベントです。

ベルギー奇想の系譜ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

17/7/15 - 17/9/24

本展では、この地域において幻想的な世界を作り出した一連の流れを、ボス派やブリューゲルなどの15・16世紀のフランドル絵画に始まり、象徴派のクノップフ、アンソール、シュルレアリストのマグリット、デルヴォ...

ベルギー奇想の系譜展

17/5/20 - 17/7/9

本展では、15世紀から現代に続くベルギーの奇想の芸術を、絵画、版画、彫刻など約120点で紹介します。

神戸市立博物館開館30年記念 特別展 マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝

12/9/29 - 13/1/6

フェルメールの貴重な初期作品「ディアナとニンフたち」や、フランドル絵画の巨匠ルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)の作品も見逃すことができません。厳選された至宝の数々を通して、魅力あふれるオランダ・...

リニューアルオープン記念「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」

12/6/30 - 12/9/17

待望のフェルメール「真珠の耳飾りの少女」来日決定!2012年夏の館のグランドオープンを飾るのは、「王立絵画館」の名で世界的に知られるオランダ・マウリッツハイス美術館のコレクションの数々です。

シュテーデル美術館所蔵 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展

11/3/3 - 11/5/22

17世紀オランダ絵画の巨匠フェルメールは、日本で最も人気の高い画家ですが、その作品は30数点しか現在では確認されていません。そのなかでも2点しかない男性単身を描いた作品のうちのひとつ、傑作《地理学者》を...

ウィーン美術史美術館所蔵静物画の秘密展

09/1/6 - 09/3/29

花、食物、食器や楽器・・・人間の生活をいろどる様々な物。ヨーロッパ絵画の歴史の中で、もともとは脇役として描かれてきました。やがて、「静物画」という独立したジャンルが生まれます。ウィーン美術史美術館の大...

ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展

08/10/7 - 08/12/14

ウィーン美術史美術館は、ヨーロッパ最大の貴族ハプスブルク家のコレクションを一堂に集め、1891年に開館しました。その収蔵品には、一族の栄華と審美眼を反映して、古代、中世の美術品などのほかルネサンスから...