『ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot)』の展示会情報

フィリップス・コレクション展

10/17 - 2/11

本展では、この世界有数の近代美術コレクションの中から、アングル、コロー、ドラクロワ等19世紀の巨匠から、クールベ、近代絵画の父マネ、印象派のドガ、モネ、印象派以降の絵画を牽引したセザンヌ、ゴーガン...

ひろしま美術館開館40周年記念 ブリヂストン美術館展 珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで

10/13 - 12/16

コローからピカソにいたるまで、フランスの近代美術の移り変わりを通観できる贅沢なラインナップです。あわせて当館のフランス近代絵画もご覧いただけるこの貴重な機会を、どうかお見逃しなく!

印象派への旅  海運王の夢  バレル・コレクション

10/12 - 12/9

本展では、バレル・コレクションにおける良質のフランス絵画を中心にしながら、同コレクションでも重要な位置を占める、スコットランドやオランダ人画家の作品をあわせてご紹介します。

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot)』の展示会情報

ブリジストン美術館展 石橋財団コレクションの精華

18/4/21 - 18/6/24

本展では休館中でなければ叶わないコロー、ルノワール、セザンヌ、ピカソなど19世紀から20世紀前半にかけての西洋近代絵画、そして黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治、岸田劉生など明治から大正、昭和初期にかけての...

じっと見る ブリヂストン美術館収蔵作品より

17/7/29 - 17/11/5

今回の展覧会では、画家や彫刻家の熱いまなざしに注目して、石橋コレクションから選ばれた総数約130点の作品を「人物」「自然」「馬」「静物」「都市」「見えないもの」の6つのグループに分けて紹介します。

ありがとう、さようなら信濃美術館 休館前の最後の絵画展 花ひらくフランス風景画 珠玉の名品 ミレー、コロー、シスレー、モネ

17/4/15 - 17/6/18

西洋風景画の起源にさかのぼり、その展開をたどります。17世紀、宗教画などの背景に描かれた風景から、近代フランスにおけるバルビゾン派・印象派が描いた風景に至るまでの、珠玉の名品の数々をご覧いただきます。

フランスの風景 樹をめぐる物語 -コローからモネ、ピサロ、マティスまで-

16/10/22 - 16/12/11

本展では、国内外所蔵の優品約110点を展観し、樹木をテーマにフランス絵画の変遷をたどります。

神戸開港150年プレイベント松方コレクション展 ―松方幸次郎 夢の軌跡―

16/9/17 - 16/11/27

美術館建設を夢見ながらも一大コレクションの散逸を防ぐことができなかった松方幸次郎の、叶わなかった想い、追い求めた夢の軌跡をあとづける、またとない展覧会になるものと考えています。

ランス美術館展

16/9/10 - 16/10/30

本展では、ドラクロワ、ジェリコー、コロー、ミレー、ピサロ、シスレー、ゴーギャン、ドニをはじめとする17世紀から20世紀の巨匠たち、そして晩年この地で洗礼を受け、制作も行ったレオナール・フジタ(藤田嗣治...

フランスの風景 樹をめぐる物語

16/8/30 - 16/10/16

本展では「樹木」というモティーフを通して、コローからモネやピサロ、ルドン、マティスまで、フランス近代絵画の変遷を辿ります。

ランス美術館展

16/7/16 - 16/9/4

ランス美術館の所蔵する珠玉のフランス絵画を4つの章により一堂に紹介するものです。

ポーラ美術館コレクション展モネからピカソ、シャガールへ

16/7/2 - 16/8/28

本展は、コロー、クールベに始まり、ルノワール、モネ、ピサロ、シスレーら印象派の画家へと続きます。

フランスの風景 樹をめぐる物語 -コローからモネ、ピサロ、マティスまで-

16/4/16 - 16/6/26

「樹木」というモティーフを通して、印象派を中心とするフランス近代風景画の進展を探る展覧会です。

「丸沼芸術の森コレクション」展

16/4/10 - 16/6/12

世代やジャンルを超えた10名の作家による48点の作品とともに芸術を通した地域社会への貢献を続ける丸沼芸術の森の活動を紹介します。

企画展「東西のバルビゾン コロー、ミレー、大観、春草」

15/9/4 - 15/10/18

それぞれの芸術の特長と歴史的意義を紹介し、天心が五浦を「東洋のバルビゾン」と言った心情に思いを馳せていただきます。

印象派の故郷 ノルマンディー展〜近代風景のはじまり〜

15/6/27 - 15/8/23

本展では、国内外所蔵の絵画や写真約100点により、主に19世紀初頭から20世紀中頃までの、ノルマンディーにおける風景表現の展開をご紹介いたします。

印象派のふるさと ノルマンディー展

15/4/18 - 15/6/21

画家たちの創造の軌跡を辿りながら、ノルマンディー地方がもたらした芸術の豊穣なる薫りを探訪します。

印象派の故郷 ノルマンディー展 -近代風景画のはじまり-

15/2/28 - 15/4/12

1820年代から1920年頃までのフランス風景画の展開における、ノルマンディーの役割を紹介します。

コレクション展示アートで対決

14/4/26 - 14/9/28

ブリヂストン美術館と石橋美術館で収蔵展示される石橋コレクションの中から、総数約200点を選び、2期に分けてごらんいただきます。

ゴッホの原点 オランダ・ハーグ派展 近代自然主義絵画の成立

14/4/19 - 14/6/29

本展覧会ではオランダのハーグ市立美術館の所蔵作品を中心に、ハーグ派の作品だけでなく、クレラー=ミュラー美術館、ならびに国内に所蔵されているバルビゾン派の作品、そしてハーグ派の影響を受けたゴッホと抽...

山寺後藤美術館コレクション 女性像と日々の営みで綴る 華麗なる西洋絵画の世界展 ~バロック絵画からバルビゾン派まで~

14/4/26 - 14/6/15

宗教画をはじめとした物語絵画、伝統的な肖像画や女性像、静物画を含めた生活を描いた風俗画といった当館にはない作品群で、西洋絵画のもうひとつの「華麗な」一面を紹介します。

「まだまだすごいぞ!大原美術館」展

14/1/28 - 14/4/6

さまざまなテーマ展を全館で開催します。特に本館と分館の展示は、日本や西洋の垣根を取り払い、通常の展示とは全く異なる内容で構成されます。

山寺 後藤美術館コレクション展バルビゾンへの道

13/10/20 - 13/11/18

同美術館より約70点が出品される本展では、16世紀から19世紀に至るヨーロッパ絵画の様式の変遷を辿りながら、古代の神話や聖書、文学作品などに基づく主題を展観していくことができます。

東京都 渋谷区Bunkamura

奇跡のクラーク・コレクション ールノワールとフランス絵画の傑作ー

13/6/8 - 13/9/1

6月8日(土)〜9月1日(日) アメリカ屈指の印象派コレクションを誇るクラーク美術館から、珠玉の19世紀フランス絵画の数々をご紹介します。

ナント美術館名品展ーフランス近代絵画の至宝ー

13/7/19 - 13/9/1

フランスが世界の美術の中心として最も華やかであった19世紀から、革新的な運動によって世界の美術界をリードした20世紀までを、ジェローム、コロー、モネ、ピカソなど巨匠たちの作品約60点によってたどります。...

西欧の風景画II

12/12/18 - 13/2/3

今回の収蔵品展では、西欧風景画の流れを、当館のコレクションを通してご紹介いたします。

企画展 [ゆく河の流れ ―美術と旅と物語― / 〈特別展示〉 高橋由一]

12/10/27 - 12/12/24

本展は、『方丈記』を出発点として、文学と美術、時の流れ、芸術家の旅などをテーマに、約100点を展観するものです。まずは、柄澤齊の版画集『方丈記』を皮切りに、挿絵本などによって文学と美術の世界を紹介しま...

西欧の風景画

12/11/20 - 12/12/16

17世紀にイタリアとオランダで大きく花開いた西欧の風景画は、さまざまな展開を遂げながら、19世紀フランスの印象派、ポスト印象派へと受け継がれました。今回の収蔵品展では、西欧風景画のこうした流れを、当館...

ブリヂストン美術館開館60周年記念 パリへ渡った「石橋コレクション」1962年、春

12/1/7 - 12/3/18

成長を続ける当館のコレクションの、ひとつの原点とも言える同展を当時の資料とともにご紹介いたします。

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション

11/9/13 - 11/11/27

開館70年を機に行われる大規模改修によって、同館が誇る印象派とポスト印象派の傑作が一堂に会する展覧会が実現する。クールベやコローを導入部とし、印象派の先駆者といわれるマネ、そしてモネ、ルノワール、ド...

モーリス・ユトリロと魅惑の風景画

11/9/16 - 11/11/23

この度は、ユトリロの作品を中心に、バルビゾン派の巨匠コロー、印象派のモネ、フォーヴィスムを創始したヴラマンク、エコール・ド・パリのシャガールら、また渡欧して独自の画風を確立した佐伯祐三、荻須高徳を...

熊本県立美術館開館35周年記念 印象派の誕生

11/9/23 - 11/11/6

本展は、フランスのリール美術館、ボルドー美術館、ドゥエ美術館、アメリカのツイード美術館、ポーランドのヨハネ・パウロ二世美術館の、海外の5つの美術館コレクションを中心に国内の美術館の所蔵品を加えて構成...

札幌芸術の森25周年記念展 森と芸術

11/9/3 - 11/10/23

本展は、文明によって多くの森が失われつつある今、「人間にとって森とは何か」を問うものです。森への郷愁や憧れ、森の神秘性などを示す美術作品・写真・工芸品・絵本・博物標本など多様な領域の約200点を紹介し...

印象派の誕生展―フランス19世紀絵画の流れ

11/7/28 - 11/9/11

本展では「印象派の誕生」に焦点をあて、歴史性や物語性を重んじたサロン絵画から、農民の姿や風景を主題としたバルビゾン派を経て、光あふれる情景を描くにいたった印象派までの流れを展覧します。

〔企画展〕 物語の絵画

10/10/9 - 10/11/28

絵の中の世界には、さまざまな物語が存在します。それは、日本で独自に発達した絵巻のように横へと連続して展開していくものもあれば、一枚の絵画にも奥行きをもって広がる世界があります。

カンヴァスに描かれた女性たち〜レンブラント、ゴヤからコローまで〜

10/9/18 - 10/11/3

ポーランド・ワルシャワにあるヨハネ・パウロ?世美術館の所蔵品から61点を選りすぐり、イタリア・ルネサンス期のティントレットからレンブラント、ヴァン・ダイク、ゴヤ、コローらの巨匠たちが描く聖母子像や神話...

ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景 コロー、モネ、シスレー、ピカソまで

10/9/1 - 10/10/17

コロー、モネ、シスレー、カンディンスキー、ピカソの作品に加え、日本では出会う機会の少ないアルザス地方の画家たちの作品をご紹介します。

ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景−コロー、モネ、シスレーからピカソまで−

10/7/22 - 10/8/23

本展は、ヨーロッパの「語りかける風景の流れ」を窓、人物、都市、水辺、田園、木という6つのテーマに分け、16、17世紀から印象派までの代表的な画家、コロー、モネ、シスレー、ピカソなど約80点を紹介します。

印象派はお好きですか?

10/4/20 - 10/7/25

日本人が印象派・ポスト印象派と出会って100年。あなたは印象派をお好きですか。ブリヂストン美術館で、もう一度お確かめください。

ストラスブール美術館所蔵語りかける風景コロー、モネ、シスレーからピカソまで

10/5/18 - 10/7/11

展覧会は6つの章に分かれ、「窓からの風景」、「人物のいる風景」、「都市の風景」、「水辺の風景」、「田園の風景」、「木のある風景」として、ヨーロッパ近代美術における風景画を体系的にたどりながら、その特...

「美しきカントリーライフ 〜理想郷への回帰とたびだち〜」展

10/3/3 - 10/5/30

本展では、芸術家村の先駆けであるフランスのバルビゾン派から、独特の銀灰色調が美しいジャン=バティスト=カミーユ・コロー《大農園》(山梨県立美術館蔵)、数々の芸術家村を生み出したイギリス発アーツ・アン...

『語りかける風景 コロー、モネからピカソまで』

10/4/3 - 10/5/9

さまざまな視点で切り取られた風景画は、画家の眼差しを感じさせるだけでなく、大きな時代の変化も映し出しています。展覧会に足を運んだ人の旅心を刺激することにもなるでしょう。

コレクション展示「美の饗宴・東西の巨匠たち」

10/1/26 - 10/4/11

この展覧会では、西洋と日本の影響関係を軸に、明治期から戦後美術までのさまざまな画家たちの様式の展開や成熟の過程をご紹介いたします。

「フランス絵画の19世紀」展

09/6/12 - 09/8/31

アカデミスムの画家たちの作品を本格的に紹介し、さらに私たちが慣れ親しんできた印象派などの作品とあわせて展示することによって、19世紀フランス絵画の本質を再検証しようとする試みなのです。

版画に見る印象派展〜陽のあたる午後、天使の指がそっと〜

09/6/20 - 09/8/16

ルノワールをはじめとする印象派の代表的な画家たちを中心に、バルビゾン派のミレーやコローなど、そして印象派に続くボナールやドニのナビ派、さらにロートレックなどの版画作品を紹介します。

絵画と写真の交差 印象派誕生の軌跡

09/4/4 - 09/5/24

絵画と写真がともに“光”を友として、相互にいかに深く関わってきたかを検証し、そのなかにあって「印象派」という絵画の革命がいかにして起きたかを多角的に解き明かそうとする展覧会です。出品は、東京富士美術...

コロー 光と追憶の変奏曲

08/9/13 - 08/12/7

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796〜1875年)は、19世紀のフランス絵画史において、「最後の古典主義者にして最初の近代主義者」として評価される重要な画家です。イタリアとフランスの古典的伝統の中...

兵庫県 神戸市神戸市立博物館

−ちひろ美術館コレクション−世界の絵本画家展III

08/9/26 - 08/11/30

世界には、長年にわたって語り継がれてきたお話や、ほとんど知られることのないお話しまで、たくさんの「お話」があふれています。絵本は、お話を人々に伝える、船のような役割を持ち、本の中の絵には、お話の世...

芸術都市パリの100年展—ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街 1830−1930

08/9/13 - 08/11/3

展覧会の主役は、パリの街とそこに生きる人々。案内はパリの各美術館の収蔵作品。 パリを近代都市へと変貌させたのは、セーヌ川の橋の掛け替え、公園や噴水、ガス灯の配備、あるいは万博時に完成したエッフェル塔...