『加納光於』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

加納光於』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『加納光於』の展示会情報

高松市美術館コレクション+(プラス) 木村忠太とこぼれる光のなかで

18/2/17 - 18/3/25

現代を生きる作家たちの光をめぐる冒険があります。それらはまばゆい光というよりも、こぼれていくような有機的な光であり、揺らぐ映像のように私たちの身体感覚をゆるやかに満たしてくれるでしょう。

加納光於―揺らめく色の穂先に

17/6/17 - 17/9/10

本展では加納光於の初期から現在にいたるまで、その創作活動におけるさまざまな局面で大きな役割を果たしてきた版画作品を中心に約120点を展示し、この類まれな作家の作品哲学に迫ります。

魅力再発見!“秘蔵”コレクションとの遭遇

15/6/13 - 15/7/20

個性的な8つのミニ企画展の集合体であり、当館の作品コレクションをこれまでにない方向から照射する、画期的な企画であると言えましょう。

絶対のメチエ ― 名作の条件

14/1/25 - 14/4/20

本展は、銅版画の名作を中心として、シルクスクリーン、写真等におけるクオリティーの高い作品を併せて展示しながら、メチエとは何か!?、マチエールとは何か!?という問題に迫ります。

コレクション展Ⅳ 特集 加納光於と中西夏之

14/1/25 - 14/4/13

絵画や版画を中心に多彩な作品を紹介します。

A

ABC アートとブックのコラボレーション展

12/5/12 - 12/6/24

本展は、「アート」と「本(ブック)」という切り口から、北九州市立美術館とうらわ美術館の所蔵品が「コラボレーション」する企画です。

加納光於展

12/4/10 - 12/5/13

本展では、化石や骨片、或いは宇宙を想起させるモノクロームの初期の銅板画、ガス・バーナーで焼いた亜鉛合金の版に、コバルトブルーなどの鮮烈な色彩がほとばしる60年代以降のメタルプリント、デカルコマニーの...

大分県 大分市大分市美術館

共催展「アートプログラム青梅2011」

11/10/22 - 11/11/27

今回は、過去最多26名の作家が参加。平面や立体、インスタレーションなど現代美術の多様な作品が展示されます。また、同時開催される学生展も見逃せません。多摩地域の美術系大学の学生たちが、地域の人々と直接...

赤と黒−色彩の実験

10/8/31 - 10/12/19

数ある色彩の中でも特に強烈な、「赤」と「黒」のモノクローム(単色)絵画を対比的に展示します。

P

Print Composition 2010 多摩美術大学版画の40年

10/10/23 - 10/11/21

展覧会「PrintComposition」は1980年1990年2000年に続き、本年は美術館への出品作品寄贈をいただいた卒業生150名と賛助作家8名により「PrintComposition2010多摩美術大学版画の40年」を開催致します。