『木村武山』の展示会情報

秘蔵の木村武山展

2/9 - 4/22

茨城県笠間出身で「五浦の作家」の一人木村武山。行方不明だった大正13年の再興院展出品作「群鶴(其一)」をはじめ、近年の調査で新たに発見された40点を超える武山作品が一堂に会する展覧会です。

生誕150年記念 横山大観ー東京画壇の精鋭ー

1/3 - 2/25

生誕150年と没後60年にあたる本年、当館所蔵の大観作品全点を一挙公開するとともに、東京画壇で活躍した画家たちの作品を紹介する展覧会を開催します。

木村武山』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『木村武山』の展示会情報

自然を写す 心を映す~日本画から一句~

17/4/8 - 17/7/2

今回の展示では、四季折々の自然風景や人々の営み、さらに花や鳥といった季語を用いた画題や季語が盛り込まれた作品をご覧いただきます。

巴里 憧れのフランスと魅惑の日本/どこから日本画?―芳崖以降の表現者たち/新収蔵品紹介

17/4/26 - 17/6/25

19世紀末ポスターとガレ工房のガラス工芸、高島北海の作品を資料とあわせて約15点でご紹介し、19世紀末から20世紀初めの日本美術とフランス美術のつながりをお伝えします。

水の美術~水辺、ときどき雨~

16/6/4 - 16/7/18

本展は、当館所蔵作品の中から、28作家による39点の「水」と「雨」にまつわる日本画、洋画、水彩画、版画作品を展示するものです。

企画展「東西のバルビゾン コロー、ミレー、大観、春草」

15/9/4 - 15/10/18

それぞれの芸術の特長と歴史的意義を紹介し、天心が五浦を「東洋のバルビゾン」と言った心情に思いを馳せていただきます。

所蔵日本画展 院展の画家たち -近代日本画の開拓と創造-

15/4/4 - 15/7/5

明治から現代にいたる、伝統と革新を模索し日本画壇をけん引した院展の画家たちによる当館所蔵の作品をご覧ください。

-震災復興祈念- 天心・波山記念事業 岡倉天心没後100年記念展 「天心の思い描いたもの       -ぼかしの彼方へ」

14/2/15 - 14/3/21

日本の近代美術に大きな足跡を残し、五浦を晩年の拠点とした思想家、美術教育者である岡倉天心を顕彰する展覧会です。

富士山世界文化遺産登録記念企画 描かれた富士

13/7/26 - 13/8/20

葛飾北斎(かつしかほくさい)や横山大観(よこやまたいかん)をはじめ、中世から近現代までの多くの先人たちによって描かれた富士の多彩な美術を展観いたします。

二年後。自然と芸術、そしてレクイエム

13/2/5 - 13/3/20

3.11の震災から二年後の時期にあたり、自然の不条理という現実に対して美術と美術館が何をなしえるかを問う企画展です。実際に関東大震災で被災した横山大観「生々流転」や、神戸震災と今度の震災に遭遇した木村...

日本美術院の作家たち

12/9/4 - 12/10/28

わが国最大の日本画団体・日本美術院の巨匠たちによる精華を展示します。

没後70年 木村武山の芸術

11/11/1 - 11/12/4

本展では、武山の画業を大きく「歴史画」「花鳥画」「仏画」「障壁画」の4つに分けて紹介し、初期から晩年までの代表作を中心にその芸術の神髄に迫ります。