『木村荘八』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

木村荘八』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『木村荘八』の展示会情報

動き出す!絵画 ペール北山の夢--モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち

16/11/19 - 17/1/15

今回の展覧会では、この北山の活動を手がかりに、大正期の日本を熱狂させた西洋美術と、それに影響を受けながら展開した近代日本の美術を同時に紹介することを試みます

企画展 招き猫亭コレクション 猫まみれ

15/5/20 - 15/7/6

本展では、猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」のコレクションより、スタンラン、ビアズリーら西洋の画家たちが描いた猫、歌川国芳ら浮世絵の中の猫、竹久夢二、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、椿貞雄、猪熊...

「新」収蔵品展

14/5/31 - 14/7/27

横山大観《春嶺》、木村荘八《襟巻きをせる自画像》といった美術資料に加え、ええじゃないか関連の歴史資料などを紹介します。

生誕120年木村荘八展

13/5/25 - 13/7/7

愛知県 豊橋市豊橋市美術博物館

路上と観察をめぐる表現史?考現学以後

13/1/26 - 13/4/7

彼ら観察者が路上に見出した創作物をあらためて紹介するとともに、様々なアプローチを通して観察/発見という行為が表現として成立する様子を検証する展覧会。

森井荷十コレクション展

12/1/8 - 12/2/14

サラリーマンコレクターのはしりとも言える荷十の蒐集品より、帝都東京のイメージを絵画・文学の両面から感じてみてください。

知られざる歌舞伎座の名画

11/9/17 - 11/11/6

23年前に小規模な展覧会が開かれて以来、歌舞伎座ゆかりの名品が初めて一挙公開される機会となる本展では、普段劇場で見慣れていた近代絵画のみならず、歌舞伎の歴史を語る上で大変重要な『かふきのさうし』、明...

常設展 New Collections 22年度収集作品をお披露目!

11/6/7 - 11/7/10

洋画家・挿絵画家として活躍した木村荘八の大正期の自画像をはじめ、上田薫のスーパーリアリズム絵画、愛知ゆかりの作家の作品などをご紹介します。

愛知県 刈谷市刈谷市美術館

開館25周年記念特別展「自己を生かす道」『白樺』群像―文学と美術の源

10/10/29 - 10/12/5

本展覧会では、『白樺』の美術活動を発端とし、4人の画家を中心に若き日の作品と文学作品の挿絵や装幀、あわせて、執筆活動や書簡、日記などの資料も紹介し、自己を生かす道を求めて葛藤し、描くこと、書くこと、...

夢二装幀事始(ゆめじそうていことはじめ)   −夢二で見る近代日本装幀のあゆみ− 〈特集展示〉明治・大正・昭和の美本コレクション

09/10/1 - 09/12/23

本展覧会では、夢二が生涯に著した57冊の著書をはじめ、彼が手がけた数多くの装幀本を展示するとともに、〈本〉が取り持つ不思議な縁によって親交した恩地孝四郎(版画家)、吉井勇(詩人)、久米正雄、長田幹彦...