『児島善三郎』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

児島善三郎』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『児島善三郎』の展示会情報

企画展 武蔵野の四季と共生 児島善三郎の国分寺時代

17/11/4 - 17/12/17

本展覧会は、油彩、水彩、水墨、素描、様々な技法による作品により、国分寺時代における画風の展開とともに、生命感に溢れた風景作品の魅力に迫ります。

東京都 小金井市はけの森美術館

美術館×植物!? アートで植物採集

17/10/7 - 17/11/26

本展では、日本画、洋画、陶芸といったジャンルにこだわることなく、「植物のかたち」「季節と植物」「植物とくらす」の3つのテーマによってコレクションを紹介し、美術における植物の役割や、どのように植物が表...

八王子市市制100周年記念事業昭和の洋画を切り拓いた若き情熱1930年協会から独立へ

17/9/15 - 17/11/5

本展覧会をとおして、昭和初期の画壇に新風を吹き込み新しい時代の幕を開いた若き画家たちの情熱を感じ、お楽しみいただければと思います。

鳥取県立博物館・田辺市立美術館所蔵名品展昭和洋画のパイオニアたち-前田寛治と佐伯祐三を中心に-

17/1/2 - 17/3/12

本展覧会では鳥取県立博物館と田辺市立美術館の協力のもと、前田寛治と佐伯祐三を中心に1930年協会のメンバーの作品をご紹介します。昭和初期に意気投合し、同じ志で新しい表現に挑戦した画家たちの姿をご覧いた...

石橋美術館物語 1956久留米からはじまる。

16/7/2 - 16/8/28

石橋美術館という名称での最後の展覧会となる本展では、60年の活動を石橋財団コレクションでたどります。

昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 一九三〇年協会から独立へ

16/4/2 - 16/5/22

本展では2016年に「1930年協会」が創立から90年の節目を迎えるのを機に、昭和の洋画界に旋風を起こした二つの美術団体の活動に改めて注目し、一時代を築いた寵児たちの作品を一堂に集め紹介します。

所蔵作品展 自然をみつめる〜熊谷守一を中心に〜

16/3/1 - 16/5/15

この度泉美術館では、≪自然をみつめる≫と題し、所蔵作品の中から洋画家・熊谷守一を中心に、 作家の自然に対するまなざしをご紹介する展覧会を開催します。

樹のいのち、画家のまなざし

15/11/14 - 15/12/13

本展では、当館のコレクションより樹木を描いた作品や木で作られた作品を紹介し、樹木と人間の親密な関係を読み解きます。

特別展「花ひらく近代洋画の世界」

15/9/19 - 15/11/29

昭和初期の洋画家たちの葛藤や模索を公益社団法人糖業協会コレクション57点で辿ります。

春の特別展 「洋画の愉しみ -日本独自の洋画を模索した作家たちー」

15/5/16 - 15/6/21

公益社団法人糖業協会所蔵の絵画コレクションから日本人ならではの洋画の創造を目指した作家たちの作品55点を展示