『小清水漸』の展示会情報

「久万美 いま 30th」

9/8 - 12/16

今回の企画展は、第1部「井部コレクション」、第2部「久万コレクション」の2部構成です。 「第1部 井部コレクション」 2018年(平成30年)9月8日(土曜日)~10月31日(水曜日) ​「第2部 久万コレクション」 ​...

小清水漸』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『小清水漸』の展示会情報

物質と美術

13/12/21 - 14/2/11

素材となる物質と人間の関係はどのようにとらえなおされたのか、またどのように表現の中で前景化されたのか、本展では当館の所蔵品を中心にご覧いただきたいと思います。

収蔵作品に見る彫刻―立体造形のひき算

12/5/19 - 12/7/22

収蔵作品の中から引き算の世界をお楽しみください。

浮舟 Floating Boat

11/1/8 - 11/4/3

本展では、当館コレクションに所蔵家からお借りした作品を加え、現代の作家たちが、“ふね”を連想させるイメージをどのように扱い、表現しようとしているかを観照していきます。

【愛知・岐阜・三重三県立美術館協同企画展 ひろがるアート】

10/10/23 - 10/12/19

今回は『ひろがるアート〜現代美術入門篇〜』と題して、三館が所蔵する20世紀後半の美術に焦点を当てます。

創造と回帰 現代木彫の潮流

10/9/11 - 10/10/17

本展は、そうした木による立体表現の「これまで」を、小清水漸、舟越桂、戸谷成雄、砂澤ピッキ、神山明らの作家によってたどり、また、須田悦弘、三沢厚彦、三輪途道、棚田康司、三宅一樹、土屋仁応など最新鋭の...

新収蔵品展

10/7/24 - 10/9/26

昨年度は24作家による計42点を収蔵しました。新収蔵作家のうち、20名は現在も制作活動を行われている方々です。私たちと同じ「現代」という時間を共有している作家の作品は「現代」という視点で鑑賞できま...