『黒田重太郎』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

黒田重太郎』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『黒田重太郎』の展示会情報

収蔵作品展 浅井忠と弟子たち

17/4/4 - 17/5/21

本展では、浅井に学んだ弟子たちのうち、佐倉にゆかりのある都鳥英喜と倉田白羊、また浅井が京都で指導した梅原龍三郎や小川千甕、黒田重太郎、芝千秋、霜鳥之彦、長谷川良雄をあわせてご紹介します。

魅力再発見!“秘蔵”コレクションとの遭遇

15/6/13 - 15/7/20

個性的な8つのミニ企画展の集合体であり、当館の作品コレクションをこれまでにない方向から照射する、画期的な企画であると言えましょう。

佐倉・房総ゆかりの作家たち ―それぞれの今

13/3/30 - 13/5/6

当館の所蔵作品から、社会変化と向き合い、新たな時代に生きた佐倉・房総ゆかりの作家たちの活動を紹介します。

所蔵品展 画家たちのヨーロッパ-浅井忠・太田喜二郎とその系譜-

10/9/11 - 10/10/24

当館所蔵作家のヨーロッパ滞在期の作品と,その後の作品を中心に京都の洋画に流れる水脈を辿る。

京都市美術館コレクション展 第1期「円と方」

10/4/10 - 10/6/20

本展では、近現代の日本美術において、円と方という対比的な形がどのような意味を持ってきたのかを探る。

セザンヌ主義 父と呼ばれる画家への礼讃 ピカソ・ゴーギャン・マティス・モディリアーニ

09/2/7 - 09/4/12

ピカソが敬愛の心を示して「父」と呼んだ画家、ポール・セザンヌ(1839-1906)。印象主義とともに出発しながらも、それを超え、伝統的な絵画の造形原理に基づきつつ独自の新しい表現を創造した画家。セザンヌの絵...

「セザンヌ主義 −父と呼ばれる画家への礼讃」展

08/11/15 - 09/1/25

ピカソが敬愛の心を示して「父」と呼んだ画家、ポール・セザンヌ(1839−1906)。印象主義とともに出発しながらも、それを超え、伝統的な絵画の造形原理に基づきつつ独自の新しい表現を創造した画家。セザンヌの絵...