『モーリス・ドニ(Maurice Denis)』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

モーリス・ドニ(Maurice Denis)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『モーリス・ドニ(Maurice Denis)』の展示会情報

フランスの風景 樹をめぐる物語 -コローからモネ、ピサロ、マティスまで-

16/10/22 - 16/12/11

本展では、国内外所蔵の優品約110点を展観し、樹木をテーマにフランス絵画の変遷をたどります。

ランス美術館展

16/9/10 - 16/10/30

本展では、ドラクロワ、ジェリコー、コロー、ミレー、ピサロ、シスレー、ゴーギャン、ドニをはじめとする17世紀から20世紀の巨匠たち、そして晩年この地で洗礼を受け、制作も行ったレオナール・フジタ(藤田嗣治...

ポール・ゴーギャンは、ここにいる。

15/9/5 - 15/10/21

印象派を超え、西洋絵画に新たな表現が生まれ始めた時代の息吹を感じてください。

こども展 名画にみるこどもと画家の絆

14/7/19 - 14/10/13

「描く側=大人」たちは何を残そうとし、「描かれる側=子ども」たちは当時何を想ったのでしょうか。肖像画の変遷と時代の変化を辿りながら、作品に秘められた両者の想いに迫ります。

西洋近代絵画と松方コレクション

14/7/18 - 14/8/31

「多くの人々に西洋美術の名品と触れ合ってほしい」。その規模こそ異なるものの、両者が抱く理念は同じものです。この夏、松方幸次郎と鹿児島市立美術館が抱き続けた夢が、一つに重なり合います。

ストラスブール美術館展―モダンアートへの招待シスレー、シニャック、マグリット、レジェ、ピカソ…

12/10/27 - 12/12/16

本展覧会では、ストラスブール美術館のコレクションを中心とした約60作家80点の作品に、19世紀から現代までのモダンアートの流れをアルザスの近代美術とともにたどります。

「陶酔のパリ・モンマルトル 1880−1910−「シャ・ノワール(黒猫)」をめぐるキャバレー文化と芸術家たち−」

11/12/23 - 12/3/25

本展は、キャバレー「黒猫(シャ・ノワール)」を中心として、世紀末からベル・エポックのパリにおけるカフェ・コンセールやキャバレーで展開された展覧会、影絵芝居、コンサート、サーカスなどの娯楽や興行を描い...

モーリス・ドニ -いのちの輝き、子どものいる風景

12/1/10 - 12/3/4

本展は描かれたドニの家族や子どもたちの成長をたどることで、その芸術世界を再考する日本で初めての試みとなります。世界初公開作品を含む約100点が展示されます。家族の温もりと愛情が伝わる作品をぜひ皆さまで...

山梨県 甲府市山梨県立美術館

モーリス・ドニ ―いのちの輝き、子どものいる風景―

11/9/10 - 11/11/13

本展は、フランス内外の美術館、個人所蔵の作品に加え、最新の研究によって新たに発見された初公開の作品を含めた約100点を紹介します。描かれた家族や子どもたちの成長とともに、その芸術の変遷をたどります。

札幌芸術の森25周年記念展 森と芸術

11/9/3 - 11/10/23

本展は、文明によって多くの森が失われつつある今、「人間にとって森とは何か」を問うものです。森への郷愁や憧れ、森の神秘性などを示す美術作品・写真・工芸品・絵本・博物標本など多様な領域の約200点を紹介し...