『宮川香山』の展示会情報

住友春翠の文化遺産―第五回内国勧業博覧会と近代陶芸作家たち

5/15 - 7/8

本展では、泉屋博古館分館が所蔵する春翠が収集した近代京都の陶磁器作品のうち三代清風与平、七代錦光山宗兵衛、初代宮川香山の作品を中心に36件を集め展示する。

宮川香山』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

関連リンク

過去の『宮川香山』の展示会情報

特別展「没後100年 宮川香山」

16/4/29 - 16/7/31

今回の展示では、前期の「高浮彫」から、後期の中国古陶磁と釉薬の研究による作品に至るまで、日本の近代陶芸を牽引した香山の全貌を、田邊コレクションを中心に紹介します。

世界を魅了した陶芸家 宮川香山

16/3/18 - 16/5/8

本展は、没後100年を記念して、虫明焼の発展に寄与した香山を顕彰するとともに、日本の近代窯業界の寵児として海外で高い評価を受けた香山を同時代の作品群とともに紹介します。

没後100年 宮川香山

16/2/24 - 16/4/17

高浮彫作品の目くるめく迫力、そして釉下彩や青磁などの吸い込まれそうなみずみずしさと優美な品格を、一挙にご堪能いただけるまたとない機会です。

東京都 港区サントリー美術館

世界に挑んだ明治の美 宮川香山とアール・ヌーヴォー

15/4/25 - 15/8/30

本展は超絶技巧と称賛された香山の高浮彫の数々やエミール・ガレ、ルネ・ラリックらの作品を紹介します。

江戸と明治の天才 広重×香山 ー世界が絶賛した浮世絵と幻のやきものー

14/9/13 - 14/11/16

海外の芸術家や収集家に愛された浮世絵版画と、輸出品として海を渡り「幻のやきもの」として近年注目を浴びる眞葛焼。世界が絶賛した名品の競演に、ぜひご期待ください。

工芸館 所蔵作品展 花

14/3/18 - 14/6/1

季節が巡り、訪れる春にふさわしく「花」を主題とした作品に焦点を当て、選りすぐったコレクションをお楽しみください。

所蔵作品展 花咲く工芸

13/2/19 - 13/5/6

本展は、陶磁や染織、漆工、金工、木工、ガラス、人形、デザインなど、3000点をこえる所蔵作品の中から花を主題にした名品約150点を選び、「春」「夏」「秋」「冬」の四季のうつろいにあわせて会場を構成いたしま...

人間国宝・巨匠コーナー

12/4/24 - 12/7/16

“工芸”には、陶磁、漆工、竹工、金工、人形など多彩な分野の作品があります。各分野の代表作を通して、工芸のさまざまな魅力をぜひ感じてください。

「明治の人間国宝 −帝室技芸員の技と美 清風與平・宮川香山から板谷波山まで−」

10/10/2 - 10/11/28

本展覧会では、重要文化財2点を含む116点の作品によって、彼らの最高峰の技と美にせまります。

日本彫刻の近代

08/9/13 - 08/10/19

わが国では古来,仏像・神像・建築装飾・置物・人形など,今日でいう「彫刻」と呼ばれるさまざまな立体造形が制作されてきました。明治時代になって西洋からの芸術思潮とともに塑造技法が移入されると,「美術」...