『向井潤吉』の展示会情報

第2期展 向井潤吉1960's 民家遍歴

8/5 - 12/3

本展では1959年から1960年にかけてヨーロッパへ、さらに1966年に中国に旅行した際に描いた作品もご紹介いたします。

向井潤吉』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『向井潤吉』の展示会情報

向井潤吉 1910's-1950's 民家への道

17/4/1 - 17/7/23

大正から昭和。その揺れ動く時代の中で青年期を過ごし、やがて民家というモティーフへといたるまでの、向井潤吉の歩みをご覧ください。

春の展覧会

17/4/20 - 17/7/9

横山大観「霊峰不二」・岸田劉生「麗子像」・小磯良平「婦人像」・平山郁夫「マルコ・ポーロ東方見聞行」・森本草介「ドルドーニュ川の水音」・中島千波「身延山枝垂桜」等の絵画や陶器・西洋ガラス・樂茶碗、更...

向井潤吉が描いた 山と民家

16/12/17 - 17/3/20

本展では、岩手山、妙高山、白馬岳、八ヶ岳、そして富士山といった、いわゆる「百名山」に数えられる名峰をはじめとする山々と、それぞれの地に息づく民家を描いた風景を集めてご紹介します。

向井潤吉 武蔵野の面影を求めて

16/8/6 - 16/12/4

本展では、東京、埼玉近郊で描かれた風景を中心に、その周辺も含めた作品をご紹介します。武蔵野の面影を色濃く残すアトリエ館の庭もあわせて、お楽しみください。

向井潤吉 水辺の情景

16/4/2 - 16/7/24

本展では、当館所蔵の油彩作品、水彩作品の中から、水辺にある民家と、そこで暮らす人々の生活の様子を描いた作品を集め、ご紹介します。

茅葺き民家を追い求めて 向井潤吉展  同時開催 写真・俳句・書で綴る日本の原風景 おまえ百まで、わしゃ九十九まで

14/10/2 - 14/12/7

この度は、世田谷美術館のご協力を得、茅葺き民家に焦点をあてた油彩画約60点、水彩画約30点により向井潤吉の画業を紹介いたします。

茨城県 笠間市笠間日動美術館

向井潤吉と四季 春/夏

13/4/2 - 13/7/28

春の息吹のなかに佇む民家と春から初夏にかけての魅力あふれる風景を中心にご紹介します。

第3期 向井潤吉とふるさと・京都

12/12/11 - 13/3/20

本展では、京都とその周辺の奈良や滋賀で描いた作品を集めて、向井撮影による民家の写真や文章とともにご紹介します。

わが心の風景展〜描かれた日本の原風景〜

12/11/14 - 12/12/24

「古き良き日本の風景」をテーマに、横山大観や、川合玉堂、児玉希望、奥田元宋らの日本画、浅井忠や金山平三、向井潤吉らの油彩画約60点を展覧します。

向井潤吉 語らいの時間

12/8/7 - 12/12/2

本展では、民家のほかに、農夫を描いた水彩なども加え、様々な人物表現を探ります。