『村上華岳』の展示会情報

松田基コレクションⅧ 夢二名品展・特別展示〈祈り〉

12/18 - 3/17

夢二郷土美術館の創設者で初代館長を務めた松田基の蒐集した作品より夢二作品の名品とあわせて「祈り」をテーマに夢二以外のコレクション作品を特別公開し、村上華岳・棟方志功などの作品を展示いたします。

創立100周年記念 国画創作協会の全貌展

1/4 - 2/17

このたびの記念展では、土田麦僊、小野竹喬、村上華岳、野長瀬晩花、榊原紫峰、そして第1回国展後に会員となった入江波光を含めた主要6作家の作品をはじめ、国展に入選したことで注目され、画家としての歩みをは...

受贈記念 日本画家・福田眉仙とその周辺

1/3 - 2/11

本展覧会では、福田眉仙の新収蔵作品を代表作とともに一堂に展示するほか、橋本雅邦や横山大観ら日本美術院関連作家の作品や、冨田溪仙、橋本関雪、村上華岳ら、関西ゆかりの画家たちの作品もあわせて紹介します。

所蔵名作展 近代日本の洋画・日本画

11/16 - 1/27

本展は、日本画では富岡鉄斎、冨田渓仙をはじめ、村上華岳や入江波光の作品を中心に、洋画では、萬鉄五郎、藤田嗣治、村山槐多、須田国太郎、鳥海青児など近代の洋画家たちの作品に長谷川潔、駒井哲郎の版画作品...

村上華岳』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『村上華岳』の展示会情報

特別展 創立100周年記念 国画創作協会の全貌展

18/11/3 - 18/12/16

重要文化財の村上華岳《日高河清姫図》をはじめとし、現存が確認される国展出品作を中心とした約90点により、近代絵画史に名を残す国画創作協会の全貌を紹介いたします。

大阪新美術館所蔵名品展 とっておき!日本画コレクション

18/10/12 - 18/12/9

本展では、大阪新美術館建設準備室の全面的な協力を得て、開館に先駆けてコレクションの一部を紹介します。

秋季展 山と樹を描く

18/9/7 - 18/11/11

当館収蔵作家による「山と樹」を描いた洋画・版画・日本画約50点をご堪能ください。 前期:平成30年9月7日(金)~10月8日(月・祝) 後期:平成30年10月13日(土)~11月11日(日)

国画創作協会創立100年 榊原紫峰と国展の仲間たち

18/6/1 - 18/8/30

本展では、花鳥画家・榊原紫峰の作品を中心に、麦僊、華岳、竹喬、第1回展後に会員となった入江波光の作品を、国展結成前から解散後へと時代を追ってご紹介します。日本画の革新に取り組んだ画家たちの作品をお楽...

村上華岳 生誕130年記念 京都画壇の精華展

18/1/5 - 18/3/17

村上華岳の生誕130年を記念し、京都で新日本画の創造に邁進した国画創作協会の土田麦僊、村上華岳、入江波光らをはじめ、師の竹内栖鳳や兄弟子の橋本関雪、後輩の徳岡神泉、福田平八郎らの名画約36点を展示いたし...

知られざる日本画との出会い 発見! 隠れた名画

17/12/1 - 18/2/28

現在では忘れ去られた画家、名前は知られていなくてもある分野において活躍した画家など、知る人ぞ知る画家たちの力作、代表作も多く所蔵しています。さらに、有名な画家であっても、一般に知られている印象とは...

村上華岳、山口薫、北大路魯山人 三人展

17/12/1 - 18/1/14

近代日本美術を代表する日本画家である村上華岳、詩魂の画家と評された洋画家、山口薫、美術工芸のあらゆる分野で個性あふれる作品を数多く生み出した、北大路魯山人の作品を中心に約70点を展覧いたします。

-秋から冬へ- 村上華岳・熊谷守一・香月泰男の作品を中心に

17/9/9 - 17/12/17

村上華岳の珠玉の作品の中から秋・冬を描いた作品を中心に、駒形が愛してやまない画家『香月泰男』『熊谷守一』らの作品も同時に展示致します。

秋季展

17/9/8 - 17/11/12

本展は、伝統と近代をみごとに統合させた富岡鉄斎をはじめ、岡倉天心に傾倒した東京の横山大観、一方、京都の四条派の伝統を受け継ぎながらも、近代の個性を表現した村上華岳、入江波光、榊原紫峰など国画創作協...

国展創立前夜 -大正前期の京都の日本画-

17/6/16 - 17/7/23

今回の展覧会は、明治43年(1910)頃から自然発生した、桃花会など先鋭的な同人展の活動や、晩花の個展など、頻繁に展開した個性的な創作活動の成果を、一つの時代性として提起する内容です。国展創立の蠢動とい...

岡山県 笠岡市笠岡市立竹喬美術館1