『武者小路実篤』の展示会情報

武者小路実篤の書画

5/16 - 6/24

白樺派の小説家として知られる武者小路実篤は、晩年に身の回りにある季節それぞれの野菜や花々の絵を描いています。絵画作品を中心に、書を添えて展示します。

春の特別展「武者小路実篤の出版事情 『白樺』『大調和』を中心に」

4/29 - 6/11

今回の展覧会では、発行所や印刷所・製版所など、あまり注目されることの少ない「出版の裏方・裏事情」にもスポットを当てます。

東京都 調布市武者小路実篤記念館

武者小路実篤』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

関連リンク

過去の『武者小路実篤』の展示会情報

春季展「自然は美を愛す」〜実篤書画展〜

17/3/18 - 17/4/23

自然の美しさ、不思議さに感心し、その美しさを描きたいと願った実篤は、自然のどのようなところに惹かれたのでしょうか。自然を描いた生き生きとした書画を紹介し、彼が感心した自然の美を感じていただけたらと...

東京都 調布市武者小路実篤記念館

夏休み企画「知ってる? 武者小路実篤」

16/7/16 - 16/8/28

武者小路実篤って何をした人?どんな人で、どんな作品があるの?夏休みを機会に初めて学ぶ人にもわかりやすく紹介します。

東京都 調布市武者小路実篤記念館

「気配のある部屋―室内で描くということ」

16/5/17 - 16/6/26

静物をテーマとした作品、モデルにポーズをさせて描いた作品など、「室内画」と総称される作品に注目します。

春の特別展「偉人に学ぶ実篤の生き方 伝記ものの世界」

16/4/29 - 16/6/5

本展では「伝記時代」の作品に限定せず、実篤にとって人物を描くということがどんな意味をもっていたのかを探ります。

東京都 調布市武者小路実篤記念館

館蔵品展「美・愛・真を求めて~近代日本絵画の心~」

16/2/27 - 16/5/13

本展では、「美愛真」帖とともに鈴木三朝、野島青茲、武者小路実篤、平山郁夫、伊東深水、梅原龍三郎などの館蔵作品を展示し、そこに描いた著名人たちと鈴木八郎氏との交流の軌跡をたどるとともに、近代日本絵画...

秋季展「僕の小美術館〜実篤コレクション名品展」

15/9/5 - 15/10/18

当館・東京都現代美術館・新しき村美術館に別れている実篤コレクションの名品を一堂に集めて,実篤の眼が選んだ作品をご覧いただきます。

夏休み企画「武者小路実篤入門」

15/7/4 - 15/8/30

武者小路実篤の90年の生涯を,初めて実篤を学ぶ人にもわかりやすい解説でご紹介します。

東京都 調布市武者小路実篤記念館

春の特別展「一人の男〜武者小路実篤の生涯〜」

15/4/25 - 15/6/14

生誕130周年を機に,「或る男」「一人の男」の2つの自伝小説を軸に,そのときどきに世間からどのような評価を得てきたのかに注目して,文学,美術,新しき村と精力的に活動した90年の生涯と業績の全体像を捉え直...

東京都 調布市武者小路実篤記念館

企画展「わき出づる泉」〜実篤の出版活動〜

14/12/20 - 15/1/25

生涯を通じて、何かを書かずにはいられなかった、その行動力を展観します。

東京都 調布市武者小路実篤記念館

秋の特別展「父・実篤の周辺で」

14/11/1 - 14/12/7

実篤と家族との係わりをご紹介しながら、実篤の素顔、家庭人・父としての姿を、著作、家族へあてた書簡、安子夫人の家族の様子を描いたスケッチなどを通して多角的に、実篤の「家族」に対する思いを探ります。

東京都 調布市武者小路実篤記念館