『名和晃平』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

名和晃平』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『名和晃平』の展示会情報

GLOBAL NEW ARTタグチ・アートコレクションのエッセンス展

17/8/25 - 17/11/12

本展は、タグチ・アートコレクションを西日本でまとまったかたちでご紹介するはじめての機会です。

琳派四百年 古今展 ―細見コレクションと京の現代美術作家―

15/5/23 - 15/7/12

京都ゆかりの3人の現代美術作家の作品と、作家が選んだ琳派作品をはじめとする細見コレクションとの共演展となる。

「高橋コレクション展 ミラー・ニューロン」

15/4/18 - 15/6/28

約140点の作品を通し、現代アートの息吹が生き生きと体感できることでしょう。

タグチヒロシ・アートコレクションパラダイムシフトてくてく現代美術世界一周

15/2/3 - 15/5/17

本展覧会は、田口氏の現代美術コレクションを、氏の故郷において初めて披露するものです。美術館は、現代という時代に、世界と岐阜とを接近させる場となることでしょう。

特別企画展 名和晃平ーSCULPTURE GARDEN

13/11/1 - 13/12/23

自然豊かな霧島の地で、名和晃平がつくり出す森(空間)の中を彷徨い、新しい彫刻の世界を御体感ください。

鹿児島県 湧水町霧島アートの森

なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」

11/7/2 - 11/8/28

この展覧会では、「写真」や「版画」といった「うつす」メディアを用いた現代美術の作品を中心に紹介し、「みること」と「うつすこと」をめぐる不思議について、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

【トリック・アートの世界展】

10/2/20 - 10/4/11

錯覚など視覚の構造に問題を投げかけた日本の造形作家たちの絵画や立体造形作品によって、ユーモアあふれるトリック・アートの世界を紹介します。

自宅から美術館へ田中恒子コレクション展

09/9/8 - 09/11/8

この展覧会では、田中氏が収集してきた作品を住居から美術館という場に移し、個人宅の親密さを展示室に延長して、作品と触れあえる場を生み出す。

ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション

09/7/21 - 09/9/10

高橋コレクションから「ネオテニー(幼形成熟)」をキーワードに厳選された作家の作品によって、世界から注目を集める日本の現代美術の流れと動向をたどります。