『野長瀬晩花』の展示会情報

開館20周年なかへちコレクション特別公開1 晩花と凌雲

4/21 - 7/1

「なかへちコレクション」の核となっている三人の画家、野長瀬晩花(1889~1964/日本画)、渡瀬凌雲(1904~1980/南画)、雑賀清子(1933~2017/洋画)の作品を二期に分けて特別に無料で公開します。

野長瀬晩花』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『野長瀬晩花』の展示会情報

ここだけの日本画

15/9/11 - 15/11/3

当館が和歌山ゆかりの日本画家を中心にして培ってきた日本画コレクションの中から、代表的な作品をご紹介します。

特集 没後50年 野長瀬晩花

14/9/13 - 14/12/7

戦後に発表した作品にいたるまで、生涯にわたり意欲的に制作を続けた彼の画業を振り返ります。

和歌山県 和歌山市和歌山県立近代美術館

特別展没後50年 野長瀬晩花

14/10/25 - 14/12/7

本年は当地出身の画家、野長瀬晩花の没後50年にあたります。これを機に、その異色とされた表現をあらためて見直します。

和歌山県 田辺市熊野古道なかへち美術館

小企画展 野長瀬晩花展  わが道を行く

14/2/8 - 14/3/23

本展では、館蔵品と近年見つかった作品《富嶽黎明》、中国スケッチ旅行時代の未公開素描などから、晩花という特異な画家の個性をあらためて紹介します。

和歌山県 田辺市熊野古道なかへち美術館

館蔵品展野長瀬晩花展

11/10/8 - 12/1/22

(前期)10/8(土)〜11/27(日)(42日間)(後期)12/10(土)〜1/22(日)(31日間)風変わりで異色とされた晩花自身と作品について、時代と経験にスポットをあてながら紹介し、その魅力を探ります。

和歌山県 田辺市熊野古道なかへち美術館

館蔵品展 野長瀬晩花展−晩花を楽しむ

11/2/11 - 11/3/27

本展では、晩花独特の個性あふれる作品を、想像をふくらませながらより楽しくご覧頂くために、クイズを交えてご紹介したいと思います。

和歌山県 田辺市熊野古道なかへち美術館

館蔵品展野長瀬晩花展−晩花の花

09/10/10 - 09/11/23

10代半ばの写生に見る花から、人生の最終章に描かれた大作《五月の花》まで、晩花が生涯を通じて飽くことなく描いた花について、下図や画稿とともに時代を追いながら紹介します。

和歌山県 田辺市熊野古道なかへち美術館

近代の風俗画−女性表現を中心として

09/3/21 - 09/5/10

竹喬美術館は、意外にも女性を題材とした風俗画をかなり収蔵しています。それらは必ずしも美人画というジャンルに属するものばかりではありません。しかしながら、京都を主とする都市の遊楽空間にちなむ内容が多...

熊野古道なかへち美術館 開館10周年記念特別展野長瀬晩花展

08/10/10 - 08/12/7

野長瀬晩花(本名弘男)は1889(明治22)年8月17日、和歌山県西牟婁郡近野村字近露(現田辺市中辺路町近露)に生まれました。日本画を学ぶために14歳で大阪の中川蘆月塾に入り、京都の谷口香キョウのもとに移った...

和歌山県 田辺市田辺市立美術館1

開館10周年記念特別展 野長瀬晩花展

08/10/10 - 08/12/7

長瀬晩花(本名弘男)は1889(明治22)年8月17日、和歌山県西牟婁郡近野村字近露(現田辺市中辺路町近露)に生まれました。日本画を学ぶために14歳で大阪の中川蘆月塾に入り、京都の谷口香キョウのもとに移った後...

和歌山県 田辺市熊野古道なかへち美術館