『荻須高徳』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

荻須高徳』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『荻須高徳』の展示会情報

山形美術館の名品と荻須が見たパリ画壇

18/10/27 - 18/12/9

今回の展覧会は、山形美術館のコレクションから、20世紀の巨匠の名品を含む油彩画40点により、荻須が活躍した当時のパリ画壇の様相を紹介します。

平成29年度特別展   荻須高徳展     ~全コレクションによる~

17/10/28 - 17/12/10

平成29(2017)年は荻須が渡仏した1927年から90年目を迎えることにちなみ、当館でこれまで収集した所蔵品計約200点を展示して荻須の画業を見渡せる機会を提供します。 作品の多様な表現を紹介し、その魅力を改め...

特別展「パリに生きる パリを描くーM氏秘蔵コレクションによるー」

16/12/17 - 17/2/19

まとまっての公開は初となるM氏秘蔵コレクション70点を中心に、3館の所蔵品を加えた計100点の作品と資料を紹介します。個性豊かな日本人画家たちが、パリで描いた作品群を楽しんでいただくとともに、エト...

パリに生きる パリを描く -М氏秘蔵コレクションによる-

16/10/29 - 16/12/11

今回の展覧会では、没後30年にあたる荻須高徳の作品を中心に、日本近代芸術家たちの眼にパリがどう写ったのかを、四半世紀にわたり同テーマで収集された個人の秘蔵コレクション約70点と共催3館の所蔵品により紹介...

パリに生きる パリを描く ―M氏秘蔵コレクションによる―

16/9/10 - 16/10/23

季節の移りゆきと行き交う人々の暮しが彩るパリの街角、その魅力を捉えた作品をご覧いただき、おしゃれな心の旅をしていただければ幸いです。

特別展パレットと自画像でさぐる 画家の素顔

15/4/25 - 15/7/5

パレットと自画像を通して、画家の新たな魅力を発見していただけたらと思います。

ふたつの時代-所蔵品でたどる「パリの日本人」第一部 フジタのいる街角-巴里の誘惑、1910~30年代

14/10/25 - 14/12/7

戦前の日本人画家たちの制作と生活の姿、画家たちの息遣いをご覧いただきます。

企画展2「旧BSN新潟美術館所蔵品展」

14/6/21 - 14/9/15

本展では、旧BSN新潟美術館が蒐集した貴重な美術作品の中から、日本画、洋画、書跡、工芸 作品を展示し、新潟の人々に愛されてきた作品の数々をご紹介します。(前期:6月21日~7月21日 /後期:7月23日~9月15日

20世紀フランス絵画展―山形美術館 服部コレクション

14/7/15 - 14/8/31

戦後のフランス画壇を彩る作家58人の60作品を紹介します。