『奥谷博』の展示会情報

文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展 -美術部門-「洋画」「日本画」「版画」

12/2 - 2/4

本展覧会では、同制度50周年を記念し、これまで研修に参加した研修員の中から、奥谷博、絹谷幸二、西田俊英、入江明日香をはじめ国内外で活躍している作家の新作75点を展示し、研修の成果を広く紹介します。

奥谷博』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『奥谷博』の展示会情報

カンヴァスの中の巨匠たち Self-Portraits by Painters

17/5/27 - 17/7/30

このたびの展覧会では、笠間日動美術館所蔵の自画像コレクションより約60作家を取り上げ、絵画作品も合わせ展示します。これらの作品に私たちは画家の人格までも垣間見ることができるでしょう。

ヨーロッパ風景画紀行/同時開催 世界の児童画

16/7/30 - 16/9/25

この展覧会では、おもにフランスやイタリアに取材した、選りすぐりの風景画を展示します。

所蔵名品展水辺の風景

16/4/2 - 16/6/21

当美術館のコレクションの中から、今回はさまざまな技法で描かれた海や川、 湖など水辺の風景画を紹介します。

「花の絵画」展

13/2/1 - 13/4/7

奥谷博や福冨栄の花の作品を中心に、花に託した作者の心情が垣間見られる作品の数々と、中土佐町の小学生が描いた花をテーマにした作品を合わせて展示します。

高知県 中土佐町中土佐町立美術館

所蔵名品展 なつかしき風景

13/1/10 - 13/3/12

本展では、コンスタブル、ターナー以来の英国風景画を受け継ぐシーゴー、独自の装飾的空間を作り上げ、生きる喜びを描いたボナール、人物や静物のある室内風景に独自の画境を拓いたマッカヴォア等の海外の作家か...

「余白・空間・間の美」展

13/11/6 - 13/1/27

画面空間への様々な思いや解釈によって生み出されてきた絵画、横山大観や藤井勉など日本人独自の「間」への美意識を感じさせる近代の日本画、洋画を展示します。

小磯良平 聖書のさしえ展同時開催 色彩は語る

12/11/29 - 13/1/27

本展覧会では、小磯が旧約・新約聖書の中から選んだ32の場面からなる水彩作品と、その下絵となったデッサン、計75点をご紹介いたします。写実画家として知られる小磯の描いた聖書の世界をお楽しみください。

新・収蔵品展―平成23年度収蔵

12/7/28 - 12/9/30

現代作家36人による、かつてとは違うかたちで、私たちの日常に点在している美術の様々な表現をご覧ください。

「表現者その多面性」展

12/4/28 - 12/7/29

油彩、水彩、パステル、そして日本画や墨彩など様々な素材によって、自らの表現を探った近代の著名な作家たちの希少な作品を展示します。

現代洋画家たちのクレパス画展

12/2/9 - 12/4/8

本展では、文化功労者の島田章三、奥谷博をはじめ、現代の洋画壇で活躍する画家たちが描いたクレパス画をご紹介します。