『ラウル・デュフィ(Raoul Dufy)』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

ラウル・デュフィ(Raoul Dufy)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『ラウル・デュフィ(Raoul Dufy)』の展示会情報

カミナリとアート 光/電気/神さま

17/7/15 - 17/9/3

「雷」というテーマから、日本画、洋画、彫刻、工芸、写真、映像、インスタレーションなど、幅広い美術作品を楽しむ機会となれば幸いです。

美術と音楽 音楽をめざす美術のこころみ

16/9/17 - 16/11/13

本展では19世紀後半、西洋美術において画家が音楽は純粋で抽象的な構成をもつという点にあこがれ、美術も音楽のように抽象化を進めていったという動きに注目します。

美術と音楽 音楽をめざす美術のこころみ

16/9/17 - 16/11/13

本展では19世紀後半、西洋美術において画家が音楽は純粋で抽象的な構成をもつという点にあこがれ、美術も音楽のように抽象化を進めていったという動きに注目します。

自然と都市 印象派からエコール・ド・パリまで

15/10/3 - 16/3/13

本展覧会は、ポーラ美術館の西洋絵画コレクションの中から、自然と都市の風景を描いた画家たちの作品を取り上げ、それぞれの表現の中に込められた想いを明らかにする試みです。

画家と愛用のパレット展

15/9/5 - 15/10/18

ピカソやマティスら海外の画家や梅原龍三郎ら日本洋画の巨匠たちのパレットと作品をあわせて展示し、巨匠たちの素顔と魅力に迫ります。

印象派の故郷 ノルマンディー展〜近代風景のはじまり〜

15/6/27 - 15/8/23

本展では、国内外所蔵の絵画や写真約100点により、主に19世紀初頭から20世紀中頃までの、ノルマンディーにおける風景表現の展開をご紹介いたします。

夢見るフランス絵画-印象派からエコール・ド・パリへ

15/6/27 - 15/8/23

本展は、国内のある収集家のコレクションより、印象派からエコール・ド・パリまで16作家の絵画71点を厳選して紹介するものです。

特別展パレットと自画像でさぐる 画家の素顔

15/4/25 - 15/7/5

パレットと自画像を通して、画家の新たな魅力を発見していただけたらと思います。

印象派のふるさと ノルマンディー展

15/4/18 - 15/6/21

画家たちの創造の軌跡を辿りながら、ノルマンディー地方がもたらした芸術の豊穣なる薫りを探訪します。