『酒井田柿右衛門』の展示会情報

花鳥の彩り ―雪舟と江戸絵画

9/7 - 11/4

水墨と彩色を融合させ、深い精神性の獲得を成し遂げた、伝雪舟筆「四季花鳥図屏風」を基点としながら、狩野派、琳派、そして文人絵画などにおける花鳥主題の作品をご覧いただきます。

酒井田柿右衛門』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『酒井田柿右衛門』の展示会情報

日本赤十字社所蔵美術展 ~いつまでも変わらない人道への想い~ 千葉県赤十字奉仕団創設70周年

18/7/14 - 18/9/24

本展では、通常一般公開されていない貴重なコレクションの中から日本画、洋画、彫刻、工芸、版画などあわせて約60点を展示します。

華麗なる色絵磁器の世界 12代、13代、14代 柿右衛門と今右衛門展

17/10/10 - 17/12/16

本展では12代、13代、14代 柿右衛門の作品と共に12代、13代、14代(当代)今右衛門の作品を併せて約40点展示いたします。芸術の秋は華麗で上品な色絵磁器の名品でお楽しみ下さい。

開館30周年記念特別展 柿右衛門展

17/4/1 - 17/5/14

開館30周年記念特別展となる今展では、15代酒井田柿右衛門氏の新作をお披露目し、さらに、近現代の歴代柿右衛門氏の優品や、当館所蔵の江戸時代に作られた柿右衛門様式の作品を展示いたします。

東京都 渋谷区戸栗美術館

企画展「国際交流基金所蔵 海を渡った日本の名品」

17/1/19 - 17/2/19

独立行政法人国際交流基金は、古美術から現代アートにいたるまで、様々なジャンルの美術作品を国外で紹介する展覧会を行っています。本展では、その所蔵品の中から現代の日本画と陶芸の優品を紹介します。

開館50周年記念東洋・日本陶磁の至宝 ―豊麗なる美の競演

16/7/30 - 16/9/25

出光美術館が誇る数々の陶磁器コレクションの中から、中国、朝鮮、日本陶磁の名品を展観します。

12代柿右衛門の東海道五十三次額皿展

16/1/5 - 16/3/12

全作品55枚の額皿を一挙に公開いたします。

新潟県 新潟市敦井美術館

開館25周年記念特別展柿右衛門展

12/4/28 - 12/5/31

江戸時代より現代まで連綿と受け継がれてきた伝統を継承し、失われた技術を復興させ、さらに時流に合わせ進化を続けている「柿右衛門」。その伝統と革新の美をご堪能ください。

東京都 渋谷区戸栗美術館

企画展「神宮奉納美術―心とかたち―VI」伝統工芸の作家(1)陶芸

10/10/14 - 10/12/5

奉納作品を中心に作家の代表作や近作などを展示して、神宮崇敬・遷宮奉賛の「心とかたち」を明らかにする今回の展示は、伝統工芸の作家(1)と題して、24名の陶芸作家を紹介します。

日本赤十字社所蔵美術展

10/5/1 - 10/5/30

この度、赤十字思想誕生150周年を記念し、赤十字の創始者であるスイス人のアンリー・デュナンの生誕月にちなみ、5月を会期として本作品展を開催します。

日本のわざと美展 −重要無形文化財とそれを支える人々−

09/9/19 - 09/10/25

本展は文化庁が平成8年度から開催してきたもので、陶芸・染織・漆芸等の分野から、重要無形文化財保持者(いわゆる「人間国宝」)、および同保持団体の代表的な作品約180点を展示します。