『千利休』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

千利休』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『千利休』の展示会情報

千利休 日本最古の茶室建造物 国宝「待庵」原寸大複製展示

18/4/14 - 18/7/1

長野県 下諏訪町ハーモ美術館

利休と剣仲 千利休と藪内剣仲ー侘数寄の心

17/10/7 - 17/12/17

本展では、茶室「雲脚」に贈られた扁額や、「燕庵井戸」と呼ばれる茶碗、『南方録』に紹鴎忌の茶会に使用されたとある「漢作唐物 利休丸壷茶入」など、多彩な伝来を持つ作品とその背景にみえる彼らの深い交流を紹...

兵庫県 神戸市香雪美術館1
M

MOA美術館所蔵品 特別展示 黄金の茶室と現代日本美術の粋

17/7/15 - 17/8/27

秀吉の命によりつくられた黄金の茶室は、その名のとおり室内から茶道具に至るまで金が用いられ、秀吉はここで正親町天皇に茶を献じたといわれています。絢爛豪華な「黄金の茶室」(復元)と桃山・江戸の茶の湯に...

組むたのしみ

15/3/7 - 15/6/14

茶の湯ならではのおもてなしを、亭主になったつもりで、あるいは招かれた客になったつもりで、どうぞおたのしみ下さい。

利休・剣仲・織部の時代  ―天正から慶長の書と茶陶―

14/4/22 - 14/6/8

今回の展示では、長次郎の楽茶碗にみる無駄を省いた端正さ、織部や伊賀にみる表現の力強さ、おもしろさをみていただければと思います。

京都府 京都市野村美術館

千少庵没後400年記念 利休とその系譜

14/1/18 - 14/3/16

本展が、世界に誇る茶の湯文化の魅力と奥深さにふれる契機となれば幸いです。

東京都 港区畠山記念館

平成25年 春季特別展「茶の湯の漆器―利休と不昧のデザイン―」

13/4/2 - 13/6/9

本展では、千利休と松平不昧がデザインした漆器の茶道具を中心に、茶人や大名の好んだ漆芸品を、?期・?期あわせて約70点をご覧いただきます。

特別展 金閣・銀閣の寺宝展 雪舟、等伯、宗達、そして若冲

13/1/12 - 13/3/10

本展は、日本を代表する名刹、大本山相国寺・鹿苑寺(金閣)・慈照寺(銀閣)・大光明寺の所蔵品により、雪舟から伊藤若冲までの日本美術の流れを「カラー・モノクロ」、「中国・日本」をキーワードにみていくも...

秋季展 利休と織部-茶人たちの好みと見立て-

12/10/6 - 12/12/16

本展は利休と織部ゆかりの茶道具を通して、二人の求めた美のかたちを探ります。

秋季特別展 「利休参上」

12/9/15 - 12/12/2

大阪府 忠岡町正木美術館