『高松次郎』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

高松次郎』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『高松次郎』の展示会情報

美術は語られる-評論家・中原佑介の眼-

16/2/11 - 16/4/10

本展では当館所蔵の現代美術作品を中原の視点からとらえ直し、当時の出版物等の一部を紹介するとともに、彼の元に残された小品のコレクションから約40点を選んで、共に展覧いたします。

高松次郎 制作の軌跡

15/4/7 - 15/7/5

広く知られている完成した美術作品からだけでは把握しがたい高松の制作活動の変化や広がりを、時間軸に沿って、ほぼ1年ごとの推移として明らかにしようと試みます。

大阪府 大阪市国立国際美術館

1974 第2部   1974年─戦後日本美術の転換点

14/9/13 - 14/11/3

本展では、1974年に制作・発表された多様な作品を一堂に集めることでこの時代の美術の特質を捉え、戦後日本美術の転換点として「1974」年を浮かび上がらせます。

ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡展

13/11/9 - 13/12/23

HRCが発行した印刷物やイベントの記録写真をはじめとして、主要メンバーの同時期の作品も含めて、ハイレッド・センターの「直接行動」の軌跡を紹介します。

2

2012-? 青写真(ブループリント)ー記憶 ▶ 創造

12/7/7 - 12/11/4

本展では、過去の経験として個人のうちに留められている心象=「記憶」、ここから姿を消す人の影をなぞった「シルエット」、そして1945年の夏に広島が経験した時間と惨劇の記憶としての「ヒロシマ」が表された作...

高松次郎 言葉ともの ―純化とトートロジー

11/9/16 - 11/10/30

没後十五年になろうとする高松次郎のそうした作品群は、再び新しい言葉と見方を要求しています。このたび、光田由里著「高松次郎言葉ともの」(水声社刊)が刊行されます。同書をきっかけに、高松次郎の思考のあ...

東京都 渋谷区NADiff

開館60周年 現代美術の展開ザ・ベスト・コレクション

11/7/23 - 11/10/2

当館所蔵のコレクションの中から1950年代以降に制作された現代美術を展覧します

トリック・アートの世界展 視覚の迷宮へようこそ!

11/4/15 - 11/5/29

本展覧会は,高松市美術館と他館のコレクションからトリック的な視覚上の仕掛けを施した現代美術作品のかずかずをご紹介するもので,これまで全国11会場を巡回し,各地で多くの入場者数を記録し人気を博した話題...

スーパーコレクション展 〜新潟市美術館25年の歩みから〜

11/4/16 - 11/5/29

本展覧会は、「近代の美術」「阿部展也の絵画世界」「現代の美術」「新潟ゆかりの先達たち」の四部で構成します。

MOMASコレクション第4期

11/1/22 - 11/4/17

○「『ヌード』と『ネイキッド』−裸体表現のスペクトル」○「見えるものと見えないもの・2−現代彫刻の一断面」○「平野の詩人−森田恒友」○「リサーチ・プログラム:ゴーギャンの版画」