『竹久夢二』の展示会情報

竹久夢二美術館 明治150年記念Ⅰ 明治の夢二

7/1 - 9/24

本展覧会では、誕生からデビュー、人気挿絵画家となるまで、明治時代の竹久夢二に焦点をあてご紹介いたします。

K

KAWAIIのはじまり

6/26 - 9/24

夢二の生み出す女性像、ファッション、デザイン、こどもたちや生き物たち…竹久夢二の「かわいい」がたくさん詰まった展示をお楽しみください。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

開館30周年記念 近代美人画 ~描かれた女性たちに託された秘密~

7/7 - 9/2

本展は、明治から平成に至る作品を取り上げます。まず、浮世絵の伝統を継承した鏑木清方・富岡永洗・梶田半古らの挿絵の世界をご紹介いたします。

招き猫亭コレクション 猫まみれ展 古今東西 和洋折衷 みんなで一緒にまみれよう

7/14 - 9/2

古今東西・和洋折衷、今ここでしか見ることのできない唯一無二の別世界ならぬ猫世界、この夏休みに、当館にてぜひご鑑賞ください。

竹久夢二展

6/16 - 8/26

本展は、グラフィックデザイナーとしての夢二の仕事にスポットをあてるとともに、肉筆画、婦人グラフ表紙、装幀・挿絵、童画、セノオ楽譜、夢二が撮影した写真、関東大震災を取材した画文集など、多角的に夢二芸...

長野県 小海町小海町高原美術館

長田幹雄コレクションデザイン画展

6/1 - 8/20

「港屋絵草紙店」で販売されていた便箋や封筒、ポチ袋、浴衣・半襟の図案原画を展示いたします。

竹久夢二』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『竹久夢二』の展示会情報

大正ロマン昭和モダン展―竹久夢二・高畠華宵とその時代―

18/4/21 - 18/7/1

本展では、竹久夢二・高畠華宵を中心に、蕗谷虹児、岩田専太郎、中原淳一、鏑木清方、伊東深水、橋口五葉など大正から昭和にかけて活躍した画家たちの日本画、版画、挿絵原画、絵葉書、楽譜、装丁本などの作品約2...

アートになった猫たち展

18/5/11 - 18/7/1

空前の猫ブームが訪れているといわれる現在、本展覧会では現代アートから近代絵画、江戸の浮世絵、海外作家にいたるまで幅広くアートに登場する猫たちを紹介し、猫と人間との深い関わりを探ります。

企画展「ノスタルジア」

18/3/21 - 18/6/24

このたび、歴史学者の磯田道史氏愛蔵の竹久夢二作品《少年の図》を特別公開し、大正ロマンただよう肉筆作品を中心に、雑誌、楽譜などもあわせて展観いたします。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二 暮らしを彩る小さな美 ―大正ロマンのかわいいデザイン―

18/3/29 - 18/6/24

本展では港屋絵草紙店で人気を誇った千代紙をはじめ、着物小物、絵葉書、装幀本など暮らしの中で花開いた、小さくてかわいい夢二図案&装飾の数々を紹介します。

倍広庵コレクション 華麗なる美人画展ー上村松園、伊東深水、竹久夢二、そして佐藤公紀ー

18/4/28 - 18/5/27

本展では、巨匠と謳われた上村松園、鏑木清方、伊東深水をはじめ、松園に続き女性画家として活躍した島成園、池田蕉園らによる作品、東北では初公開となる竹久夢二の《投扇興》のほか、酒田(旧松山町)出身であ...

子ども絵展 新収蔵品「コドモアサヒ」公開

18/4/1 - 18/5/20

今回の企画展では、新収蔵品のうち夢二が手掛けた挿絵18点を初公開。その他、子ども向け雑誌の挿絵やその原画を展示いたします。

竹久夢二美術館 竹久夢二と雑誌の世界 ―明治・大正・昭和の魅惑のメディア―

18/1/3 - 18/3/25

本展覧会では、夢二の仕事の主軸ともいえる雑誌を中心に作品をご紹介いたします。夢二を通し、今改めて時代を映し出す雑誌の魅力に触れてみませんか。

リニューアルオープン記念展 THE 夢二郷土美術館 COLLECTION

17/12/19 - 18/3/18

リニューアルオープンを記念して、夢二郷土美術館が誇るコレクションの中から竹久夢二の代表作《立田姫》、《西海岸の裸婦》をはじめとした厳選した館蔵名品を一同に公開いたします。また、第6期こども学芸員が選...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

長田幹雄の夢二コレクション 版画展

17/11/1 - 18/1/20

一枚物の芝居絵をはじめ、本の挿絵、封筒、便箋など、幅広い版画作品を公開します。

竹久夢二美術館 竹久夢二 心に残る風景を探して ―自然、旅、東京の景色を描く―

17/9/29 - 17/12/24

本展では、夢二の眼と心を通して表現された風景の世界を、日本画・水彩画・スケッチ、自身が表紙絵を飾った雑誌や楽譜を中心に紹介します。