『東郷青児』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

東郷青児』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『東郷青児』の展示会情報

名品と出会う-企業コレクションによる日本近代洋画展ー

18/4/7 - 18/6/11

この度の特別展は、独自の表現を切り拓いた近代洋画家の作品を数多く保有する公益社団法人糖業協会のコレクションを山陰で初めて紹介するものです。展示室には明治から昭和にかけて独自の表現を求め続けてきた洋...

描かれた女性たち

18/3/7 - 18/5/28

妖艶な裸婦から幼気な少女まで様々な画家たちの手によって描かれてきた“女性”。各々の画家たちが描く個々の女性の“魅力”をお楽しみください。

生誕120年 東郷青児展

18/2/16 - 18/4/15

本展では、「東郷様式」と呼ばれた独特のスタイルが確立する1950年代末までを中心に、逸品と希少品を一堂に集め、その画風の形成をひもときます。

大阪府 大阪市阿倍野区あべのハルカス美術館

生誕120年 東郷青児展

17/11/23 - 18/2/4

本展では、これらの仕事と展覧会出品作の両方に目をくばり、互いの影響関係を検証しつつ、初期の前衛的な作風から、戦後人気を博したスタイルに至るまでの過程を探ります。

福岡県 久留米市久留米市美術館

長島美術館収蔵品による 日本近代絵画の巨匠Ⅰ  ~藤島武二と東郷青児

17/9/10 - 17/12/3

藤島武二の豪胆な筆づかいと、東郷青児の筆の跡がわからない程繊細なタッチで描かれた女性像をご覧ください。

鹿児島県 鹿児島市長島美術館

生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ

17/9/16 - 17/11/12

日本で初めて「未来派風」と呼ばれた前衛的絵画から、構成美と抒情性を兼ね備えた代表作《サルタンバンク》を経て、戦後に広く親しまれた女性像まで、「東郷様式」と呼ばれたスタイルがどのように作られたのかを...

「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」

17/7/8 - 17/9/3

本展では、1920年代から1950年代までの作品を中心に、彼が30~50歳代に何を志向し、どのような活動をしたのか、制作において何を成そうとしたのかなど、人気を博した女性像にいたる表現プロセスを探るものです。

光の表現-日本画、洋画、工芸から

17/2/18 - 17/4/23

日本におけるキュビスム―ピカソ・インパクト

17/2/12 - 17/3/26

この展覧会はキュビスムが二度にわたって、別々の文脈で日本の作家たちに受容されたという仮説に基づいて組み立てられています。世界的にみてもきわめて異例なこのような状況をピカソとブラックの作品、そしてそ...