『月岡芳年』の展示会情報

浮世絵の妖術とモノノケ―「奇術競」と「和漢百物語」―

8/11 - 9/24

美術館が所蔵する浮世絵版画の中から、現代においては漫画やアニメの登場人物として知られる、ヒーローやヒロインたちと敵役となるモノノケたちを中心にご覧いただきます。

芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

8/5 - 9/24

この展覧会は芳年のコレクションとしては質量ともに世界屈指といえる、西井正氣氏の収蔵品の中から選りすぐりの263点で、芳年の画業の全貌を紹介するもので、15年ぶり、まさに待望の公開となるものです。

東京都 練馬区練馬区立美術館

所蔵資料展 「幻想の新宿 ―月岡芳年 錦絵で読み解く 四谷怪談―」

6/30 - 8/26

本展では四谷怪談を中心に怪談・奇譚(きたん)を主題とした錦絵を展示するとともに、芳年と親交があり怪談噺(かいだんばなし)の名人として知られた三遊亭円朝(さんゆうていえんちょう)、そして小泉八雲(こ...

月岡芳年』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『月岡芳年』の展示会情報

出張日本平動物園 うきよえどうぶつ館同時開催:絵で解くなぞなぞ 判じ絵の世界

18/6/5 - 18/8/12

身近に生きるどうぶつから、物語の中に出てくるどうぶつ、着物や建物にデザインされたどうぶつまで。浮世絵の中に隠れたさまざまなどうぶつたちに出会える楽しい「うきよえどうぶつ館」にぜひお越しください。

江戸の悪 PARTⅡ

18/6/2 - 18/7/29

月岡芳年、東洲斎写楽、歌川国芳、葛飾北斎、歌川国貞-さまざまな浮世絵師たちが描いた悪人たちを大特集。 前期 6月2日(土)~27日(水) 後期 6月30日(土)~7月29日(日) ※前後期で全点展示替え

アートになった猫たち展

18/5/11 - 18/7/1

空前の猫ブームが訪れているといわれる現在、本展覧会では現代アートから近代絵画、江戸の浮世絵、海外作家にいたるまで幅広くアートに登場する猫たちを紹介し、猫と人間との深い関わりを探ります。

浮世絵と囲碁

18/2/6 - 18/4/1

本展では徳川記念世界囲碁まつりイン静岡にあわせ、エルヴィン・ゲアストルファーコレクションより囲碁が描かれた浮世絵作品を展示します。浮世絵と囲碁、江戸時代の人々が親しんだ二つの文化をお楽しみください。

江戸の女装と男装

18/3/2 - 18/3/25

本展では、描かれた浮世絵を通して、男女の境界を自由に行き来する江戸時代の風俗や文化の諸相に迫ります。

芳年躍動の瞬間と永遠の美

18/1/13 - 18/3/11

歴史画、物語絵、美人画など幅広いジャンルの約200点により、芳年の巧みな技と、豊かな想像力、卓越した画面構成のセンスをご堪能ください。

明治維新150年 幕末・明治 ―激動する浮世絵

18/1/5 - 18/2/25

本展覧会では、幕末から明治にかけて制作された浮世絵約150点(前後期で展示替えあり)を紹介します。幕末・明治という時代にあわせて激動していく浮世絵をお楽しみください。

あそぶ浮世絵 にゃんとも猫だらけ

17/10/28 - 17/12/3

猫が描かれた浮世絵版画を集めた展覧会です。愛猫家として知られた歌川国芳など浮世絵約130点によって、江戸の人々と猫との楽しく、愉快な暮らしぶりをうかがうことができます。楽しく鑑賞できる展覧会です。

上村松園ー美人画の精華ー

17/8/29 - 17/10/22

江戸時代から現代にいたる、上村松園をはじめとする画家たちの、多彩な美人画の精華をお楽しみください。

月岡芳年 月百姿

17/9/1 - 17/9/24

本展では、①美しき女たち、②妖怪・幽霊・神仏、③勇ましき男たち、④風雅・郷愁・悲哀という独自の切り口を設けることで、「月百姿」の世界を分かりやすくご紹介いたします。月の綺麗な秋の季節、月にまつわるさま...

東京都 渋谷区太田記念美術館