『歌川国貞』の展示会情報

「近代浮世絵!龍めぐり!」

12/23 - 4/8

物語のなかに。着物のデザインに。歌川国芳(1798 ―1861)・歌川国貞(1786 ―1865)・豊原国周(1835 ―1900)他による、江戸〜明治期の近代浮世絵に描かれた様々な龍の姿をご紹介します(計70点・入れ替えあり)。

未開催

歌川国貞展

1/20 - 3/25

本展では、国貞の代表作を選び展示します。江戸の女性たちのいきいきとした姿、役者たちの迫力ある舞台姿などを、鮮やかで美しい色彩と共にお楽しみください。精緻を極めた彫りや摺りも必見です。

島根県立美術館コレクション企画展 みんなの美術室

1/2 - 2/5

島根県立美術館が所蔵する版画・油彩・彫刻を中心に、<かたち><いろ><構成>や<技法><材料>など、美術をめぐるさまざまな要素について紐解きながらご紹介します。作品とともに分か...

歌川国貞』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『歌川国貞』の展示会情報

大江戸クルージング

17/7/1 - 17/7/23

本展は、浮世絵を見ながら江戸のさまざまな水辺をクルージング気分でめぐる、夏にぴったりの展覧会です。

馬琴と国芳・国貞 八犬伝と弓張月

17/6/2 - 17/6/25

今年は馬琴が誕生してからちょうど250年にあたります。本展ではそれを記念して、馬琴の小説を題材とした浮世絵約80点をご紹介いたします。

日本の伝統芸能展

16/11/26 - 17/1/28

本展は、日本の伝統芸能を「雅楽」「能楽」「歌舞伎」「文楽」「演芸」「琉球芸能・民俗芸能」の6本の柱とし、様々な角度からスポットを当ててご紹介します。

浮世絵師・歌川国貞展

16/11/23 - 16/12/18

本展では、所蔵品の美人画より約100点を厳選して、初期から晩年までの国貞の画業を幅広く紹介します。多彩な国貞の世界をお楽しみください。

北海道 札幌市北海道立近代美術館

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞

16/9/10 - 16/12/11

本展では、抜群の保存状態による色鮮やかさを誇るボストン美術館の浮世絵コレクションから、兄弟弟子(ライバル同士)の170件で当時の究極の大衆文化(ポップカルチャー)であった浮世絵の魅力に迫ります。

ニャンダフル!浮世絵ねこの世界展

16/8/5 - 16/9/25

本展では、“猫の浮世絵師”と呼ばれる国芳から、「名所江戸百景」の哀愁に満ちた猫を描いた広重、美人と共に猫を登場させた国貞、豊国、英泉など、江戸・明治に活躍した浮世絵師たちが手掛けた、描の浮世絵200点を...

特別展 ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞

16/6/18 - 16/8/28

江戸後期の人気絵師、歌川国芳(1797~1861)と、歌川国貞(1786~1864)による錦絵170件を選び、本展覧会で展示いたします。

怖い浮世絵

16/8/2 - 16/8/28

本展は、江戸の人々が抱いた恐怖のイメージを浮世絵から探る展覧会です。

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞

16/3/19 - 16/6/5

本展では世界に冠たる浮世絵コレクションで知られるボストン美術館より、幕末に絶大な人気を博した二人の天才浮世絵師、歌川国芳と歌川国貞の選りすぐりの作品で、江戸の世界を体感していただきます。

東京都 渋谷区Bunkamura

歌川国貞~和の暮らし、和の着こなし。

16/4/1 - 16/4/24

国貞は、江戸の暮らしを生き生きとしたヴィジュアルで今に伝えてくれる、貴重な浮世絵師なのです。

東京都 渋谷区太田記念美術館