『歌川国芳』の展示会情報

「近代浮世絵!龍めぐり!」

12/23 - 4/8

物語のなかに。着物のデザインに。歌川国芳(1798 ―1861)・歌川国貞(1786 ―1865)・豊原国周(1835 ―1900)他による、江戸〜明治期の近代浮世絵に描かれた様々な龍の姿をご紹介します(計70点・入れ替えあり)。

平成30年新春吉例めでた掛け〜美術館で笑い初め〜

1/5 - 3/3

「笑う門には福来る」という言葉にもあるように、平成30年の始まりは、福島美術館で多彩な日本美術の「笑い」の世界を楽しみ、笑顔いっぱいの福招く一年にしましょう。

くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展 江戸の子ども絵・おもちゃ絵大集合!

1/5 - 2/12

役者絵や美人画で知られる浮世絵ですが、実は子どもの姿を描いたものが数多く存在します。本展では、歌川国芳・歌川広重などの「子ども絵」や親子の情愛を描く風俗画・物語絵、「おもちゃ絵」などをご紹介します。

歌川国芳』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『歌川国芳』の展示会情報

秋季特別企画展「浮世絵ねこの世界展-愛されニャンコから猫又まで-」

17/10/5 - 17/12/10

空前の猫ブームともいわれる現在。古代から私たちにとって身近な存在であった猫は、江戸時代の浮世絵師たちにも愛されました。猫が描かれたユニークな浮世絵が大集合!あなたもニャンダフル・ワールドへ遊びに来...

あそぶ浮世絵 にゃんとも猫だらけ

17/10/28 - 17/12/3

猫が描かれた浮世絵版画を集めた展覧会です。愛猫家として知られた歌川国芳など浮世絵約130点によって、江戸の人々と猫との楽しく、愉快な暮らしぶりをうかがうことができます。楽しく鑑賞できる展覧会です。

原安三郎コレクション 広重ビビッド

17/9/16 - 17/10/29

本展では歌川広重のほか、葛飾北斎(1760-1849)、歌川国芳(1797-1861)らの希少な作品など約250点を前後期に分け、総入れ替えで展示します。

猫まみれ展

17/8/29 - 17/10/28

全国各地で話題沸騰の「猫まみれ展」が旭川にやってきます!と猫の作品を愛する謎のコレクター、招き猫亭が約40年にわたって集めてきた油彩画、日本画、版画、浮世絵、彫刻、陶磁など約300点がずらりと勢ぞろい。

9月展 絵師たちの競演 ~三代豊国・国芳・初代広重

17/9/1 - 17/9/25

この度は、幕末の歌川三人衆をはじめ、広重の名を継いだ二代~五代広重の作品も紹介し、それぞれの魅力に迫ります。同じ流派とはいえ、個性が光る浮世絵師の競演をお楽しみください。

歌川国芳 水滸伝の世界

17/7/29 - 17/9/10

本展では当館が寄託を受けている《通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壹人)》74図の他、国芳や他の絵師が描いた『水滸伝』に関連する作品を展示いたします。浮世絵作品を通して『水滸伝』の日本における豊かな受容と...

アートになった猫たち

17/7/1 - 17/9/3

空前の猫ブームが訪れているといわれる現在、本展覧会では近代現代絵画や海外作家から江戸の浮世絵まで遡って作品を展観し、人々を惹きつけてやまない猫たちの魅力と人間との深い関わりをご紹介します。

CCMAコレクション いま/むかし うらがわ

17/8/5 - 17/8/27

目に見えないものを指す「うら」という言葉にかけて、この世の「うら」を描いた怪談ものや、表に見えないひとの「心(うら)」を印象深くとらえたもの、美術作品を裏に表に支える知られざるテクニック、スケッチ...

広重生誕220周年記念広重・豊国・国芳 -雙筆五十三次と東海道五十三對-

17/6/13 - 17/8/20

江戸時代後期、浮世絵界で最大の規模を誇った歌川派の三人の人気絵師による東海道作品をお楽しみください。

大江戸クルージング

17/7/1 - 17/7/23

本展は、浮世絵を見ながら江戸のさまざまな水辺をクルージング気分でめぐる、夏にぴったりの展覧会です。