『和田英作』の展示会情報

名画が奏でる8つのフーガ  青木・セザンヌ・ルノワールブリヂストン美術館コレクション展

7/14 - 9/9

8つの部屋ではメインの作品を取り巻く全96点が、主題や色、作家同士の関係によって響き合い、フーガ(遁走曲)のように、つかず離れず、時代や洋の東西も超えてゆるやかに結ばれていきます。

和田英作』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『和田英作』の展示会情報

廿日市市市制施行30周年記念 平成29・30年度市町村立美術館活性化事業 第18回共同巡回展 小杉放菴記念日光美術館所蔵 ―巨匠が描いた日本の自然―

18/4/28 - 18/6/10

巨匠が描いた絵画を通じて、日本の自然の豊かさや多様性をご覧いただき、日本各地の国立公園めぐりをお楽しみ下さい。

名品と出会うー企業コレクションによる日本近代洋画展ー

17/12/29 - 18/2/25

本展は、公益社団法人糠業協会が所蔵する珠玉のコレクションを通して、独自の表現を切り開いた日本近代の洋画家たち42人の61作品をご紹介するものです。

財団設立30周年記念「逸品セレクション」~爲三郎の夢~

17/8/5 - 17/9/10

開館以来、所在地の千種区のみならず、中部地方に縁のある作家をはじめとした作品の蒐集にも努めて参りました。この度、財団設立30周年を記念して、その歩みを振り返るべく、前期と後期に分けて古川美術館の名品...

小企画展「祝祭の空間ー劇場・舞台とアーティストたち」

17/2/14 - 17/3/28

この展覧会では、鹿児島市立美術館の所蔵品から、劇場・舞台をテーマにした作品を約30点選び、華やかな空間で繰り広げられるスペクタクルと美術との関わりをご紹介します。

特別展「日本近代洋画の巨匠 和田英作展」

16/10/22 - 16/11/27

本展覧会は、和田英作の初期から晩年までの代表的な油彩画をはじめ、素描や下絵などを含む90余点により、70年にわたる画業を振り返ろうとするものです。

宮崎県 都城市都城市立美術館

特別展「日本近代洋画の巨匠 和田英作展」

16/8/13 - 16/10/10

本展では和田の70年に渡る画業を振り返るため、初期作品から彼の代表作、晩年の作品までを含めた約80点を一堂に展示します。

日本近代洋画の巨匠 和田英作展こころの情を描く

16/6/11 - 16/8/7

このたびゆかりの静岡の地において、修業期から最晩年までの代表作約80点による回顧展を開催します。

静岡県 三島市佐野美術館

日本近代洋画の巨匠 和田英作展

16/4/23 - 16/6/5

西洋絵画を学び、堅実な写実表現で情緒ある日本的油絵の典型を確立した和田の画業を、初期から晩年までの代表的な油彩画、素描、下絵など約90点で振り返ります。

愛知県 刈谷市刈谷市美術館

開館30周年記念 大所蔵品展

16/1/5 - 16/2/7

本展は、通常の所蔵品展と同じ観覧料で、いつもよりたくさんの市美のお宝と出会えるまたとない機会です。

日本洋画 珠玉のコレクション

14/12/13 - 15/2/22

本展では、これまで部分的にしか展示していなかった当コレクションを一挙に公開し、モネやルノワール、ゴッホなどヨーロッパの巨匠の影響を受けながら独自の世界を展開した洋画家たちの、めくるめく世界を紹介し...

コレクション展示アートで対決

14/4/26 - 14/9/28

ブリヂストン美術館と石橋美術館で収蔵展示される石橋コレクションの中から、総数約200点を選び、2期に分けてごらんいただきます。

和田英作展〜絵と資料でたどる〜

14/2/11 - 14/3/30

本展では、滞欧時代の初期作品や画題として好んで描いた富士の作品を展示し、和田の油彩画の魅力をご覧いただきます。

鹿児島県 鹿児島市鹿児島市立美術館

日本近代洋画への道 山岡コレクションと高橋由一の名品を中心に

14/1/11 - 14/3/23

全10章構成によって、日本洋画の草創期をわかりやすくご紹介します。

フジヤマミュージアム名品展

13/7/2 - 13/10/27

当館が「富士」と共に歩んだ10年を振り返り、安田靫彦「曙富士」、小倉遊亀「霽れゆく」、横山操「雪富士」、林武「赤富士」、和田英作「紅富士」、千住博「流星」等、人気の高い館蔵作品約80点に、新たに加山又...

開館30周年記念「コレクションの森」展

13/4/20 - 13/6/2

開館30周年を記念する本展覧会は、選りすぐりのコレクション約150点を一挙に展示するものです。美術館の全展示室を会場にしたコレクション展は初の試みであり、主要な作品や人気作品はもちろん、普段あまり紹介で...

名画を訪ねる旅 ウッドワン美術館展

13/3/29 - 13/5/6

本展では、その収蔵品の中から、日本画28点、洋画39点を選りすぐり、近代日本絵画史上に大きな足跡を残した巨匠たちの名品を一堂に展観します。

常設展第IV期 水の表情

13/2/26 - 13/4/7

当館収集作品の中から、海や川、雨など私たちにとって身近な存在の「水」にまつわる作品を展示。穏やかに輝く川面や雨に霞んだ情景、ぬれたアスファルトなど、作品によってさまざまに変化する「水の表情」を紹介。

愛知県 刈谷市刈谷市美術館

冬の所蔵作品展

12/11/28 - 13/2/24

日本画、洋画、小磯良平・加山又造 二人展

富士光彩

12/12/1 - 13/2/24

本展では『光』をテーマに置き、光によって様々な『色』で彩られる富士山の美しさを紹介します。光と呼応しながら富士山が創り出す見事な風景美を存分にお楽しみください。

山梨県 富士吉田市フジヤマミュージアム

常設展第?期 New Collection 新収蔵作品を公開!

12/6/9 - 12/7/15

戦後の日本画壇の風雲児・中村正義の初期作、郷土ゆかりの城景都や木村昭平の代表作、和田英作が描いた知立の風景、宇野亜喜良や田島征三の絵本原画などを展示。

異国を描いた画家たち展

12/4/1 - 12/5/13

この展覧会では、鹿児島にゆかりのある作家を中心に、黒田清輝から現代作家に至るまで、異国を描いた画家たちの作品をご紹介します。

2011年度常設展第?期 カリヤ美術しょくぶつ園

12/2/21 - 12/4/8

当館収蔵作品の中から、草花を題材にした静物画をはじめ、花鳥風月の屏風絵、美術ならではの不思議な植物が描かれた作品、また木の実をそのまま使ったユニークな作品などもご紹介します。

愛知県 刈谷市刈谷市美術館

「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展

12/1/7 - 12/3/25

「静岡が育んだコレクター」「静岡が生んだ作家」「静岡にやってきた作家」をキーワードに、ここ静岡が育くんできた多彩な美術の様相をご覧ください。

桜島百景

12/1/2 - 12/2/5

本展では、これまで多くの画家によって描かれた桜島の名品を、一堂に紹介いたします。

古川美術館 企画展「鑑賞の愉しみ」

11/7/23 - 11/9/25

本展では所蔵品から、上村松園・鏑木清方・伊藤小坡の美人画、上村松篁・上村淳之の花鳥画など巨匠たちの作品を比較して味わいます。

フジヤマミュージアム常設展

11/3/5 - 11/5/29

常設展 New Collections 21年度収集作品を初公開します!

11/1/11 - 11/2/20

和田英作の知立時代の風景画、愛知出身の日本画家・中村正義や現代洋画家・久野和洋の優品のほか、刈谷出身の河目悌二の童画などもご紹介します。

琵琶湖逍遥

10/11/2 - 10/12/19

多くの画家に愛された滋賀の風景。琵琶湖をはじめとする湖国風景画の魅力を紹介します。

「富士を望む」〜山梨VS静岡〜開催

10/6/5 - 10/8/29

フジヤマミュージアムでは、富士の見える場所にスポットをあて、山梨県・静岡県から見える富士山の魅力に迫り、その美しさに注目する企画展を開催いたします。両県それぞれの特徴ある富士の美しさを存分にお楽し...

N

Newコレしずおか 新収蔵品と静岡ゆかりの美術

10/4/1 - 10/5/16

この展覧会では、平成21年度の新収蔵作品と、当館のコレクションのエッセンスを「日本画の名品」、「静岡ゆかりの美術」、「昭和40年代生まれの作家たち」の3つのテーマからご紹介します。

狩野芳崖と近代の日本画/「昭和」の絵画

09/8/11 - 09/9/6

「昭和」の絵画/和田英作など、アカデミズムの中心作家から戦前・戦後の前衛、社会派作家まで、日本画、洋画の両ジャンルにまたがってご紹介します。約40点の作品を展示します。

上村松園/美人画の粋(すい)

09/5/23 - 09/7/26

本展では当館所蔵作品を通して松園の画業を振り返るとともに、清方や伊東深水が描いた美人画、そして近現代日本画・洋画の個性豊かな美人たち、また喜多川歌麿や鈴木春信などの浮世絵もあわせて、およそ50点をご...

「新」収蔵品展

09/4/14 - 09/5/24

平成20年度に収蔵した資料を初公開します。美術資料では藤島武二「上野不忍池畔」、椿貞雄「鶏頭持てる村の婦」ほか、荻須高徳、和田英作などの絵画を紹介します。歴史資料では嘉永2年の「江戸切絵図」(地図28枚...

冬の所蔵作品展

08/12/10 - 09/2/22

日本画横山大観《初夏竹林》《勅題田家朝》上村松園《汐くみの図》前田青邨《風神雷神》川端龍子《彩麟》東山魁夷《静宵》杉山 寧《薫》横山 操《冬富士》加山又造《日輪》《白い道》《飛ぶ黒い鳥》《着物》平...

白と黒のモノトーン

08/12/23 - 09/2/8

 現在の鹿児島市立美術館の前身にあたる旧鹿児島市立美術館は、戦災で焼失した鹿児島市歴史館の建物を復元して昭和29年に九州初の公立美術館として開館し、昭和57年に解体撤去されました。今回の展覧会では...

蔵出し美術館鹿児島市立美術館所蔵による11枚の名画

08/12/5 - 08/12/15

「一人でも多くの市民の皆様方に当館の所蔵品と親しんでいただきたい」そんな願いから、当館では館外での所蔵品の紹介に取り組んでまいりました。今回は谷山サザンホールの展示室をお借りし、所像作品の中から、...

フジヤマミュージアム開館5周年記念特別展示

08/9/4 - 08/11/30

この5年間の皆様への感謝の気持ちを込め、当館所蔵作品の中でも特に人気の高い作品ばかり約80点を選び、前期・後期の2回にわけて特別展を開催いたします。コレクションの代表である奥田元宋の「富嶽秋耀」をはじ...

高岡開町400年記念プレイベント山岡コレクションの名作 日本近代洋画のあけぼの〜高橋由一「鮭」から黒田清輝、青木繁まで〜

08/9/13 - 08/10/19

日本近代洋画の黎明期に活躍した高橋由一をはじめ、明治期から昭和初期に日本近代洋画の確立を目指して苦闘した画家たちの作品約120点を紹介します。本展は、ヤンマーディーゼルの創業者、山岡孫吉が収集し、笠間...

山岡コレクションを中心に日本近代洋画への道

08/7/19 - 08/9/3

本展では、実業家の山岡孫吉(ヤンマーディーゼル創業者)によって蒐集された「山岡コレクション」を中心に、日本洋画の父といわれる高橋由一をはじめ、黒田清輝や藤島武二らによる洋画草創期の作品約120点をご紹介...