『ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)』の展示会情報

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち

17/10/17 - 17/12/20

国内有数のカンディンスキーのコレクションを誇る宮城県美術館の所蔵品を中心に、パリのルオー財団ほかからもご協力をいただき、かつてない出会いが実現します。

オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代

17/10/7 - 17/12/17

色と形の冒険家たちの共演

コレクション1 イメージの庭

17/4/8 - 17/5/28

春のコレクション展では、近年の新収蔵品を中心に、まさにイメージが立ち現れる瞬間を強く想起させる作品群をご紹介します。脳裏に揺らめくイメージの饗宴をご堪能ください。

「生誕150年 ワシリー・カンディンスキー展」

16/12/27 - 17/2/12

20世紀初頭に活躍した抽象画家ワシリー・カンディンスキーの生誕150年を記念して、当館が所蔵する二つの版画集『響き』と『小さな世界』、そして晩年に描かれた油彩画《二つの黒》を展示し、具象から抽象へと至る...

鹿児島県 鹿児島市鹿児島市立美術館

美術と音楽 音楽をめざす美術のこころみ

16/9/17 - 16/11/13

本展では19世紀後半、西洋美術において画家が音楽は純粋で抽象的な構成をもつという点にあこがれ、美術も音楽のように抽象化を進めていったという動きに注目します。

美術と音楽 音楽をめざす美術のこころみ

16/9/17 - 16/11/13

本展では19世紀後半、西洋美術において画家が音楽は純粋で抽象的な構成をもつという点にあこがれ、美術も音楽のように抽象化を進めていったという動きに注目します。

ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―

16/6/11 - 16/9/22

マティスの油絵の到達点《大きな赤い室内》をはじめ、多彩なラインナップでフランス20世紀美術を一望します。

開館30周年記念 大所蔵品展

16/1/5 - 16/2/7

本展は、通常の所蔵品展と同じ観覧料で、いつもよりたくさんの市美のお宝と出会えるまたとない機会です。

チューリヒ美術館展 印象派からシュルレアリスムまで

15/1/31 - 15/5/10

充実した美術コレクションの中より本展では、19世紀後半から20世紀に活躍した、印象派からシュルレアリスムにいたる34作家の作品74点を紹介します。

松本瑠樹コレクション ユートピアを求めてポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム

14/9/30 - 14/11/24

ロシア・アヴァンギャルドのデザイナーたちが手掛けたものなど約180点を紹介し、社会の変革期に花開いたポスター芸術の多様性を概観します。