『山口晃』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

山口晃』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『山口晃』の展示会情報

めがねと旅する美術展

18/7/20 - 18/9/2

世界をとらえる、秘密をのぞく、次元を越える、だまされてみる?あるいはレンズと鏡、そして技術革新と新視覚

山口晃「すゞしろ日記」

18/3/3 - 18/4/1

本展では、12年以上にわたって描き続けられている「すゞしろ日記」の原画と、元祖「すゞしろ日記」絵画作品2点を共に展覧いたします。妙味溢れる「すゞしろ日記」の世界を、どうぞご堪能下さい。

東京都 渋谷区NADiff

馬の博物館開館40周年記念所蔵名品展馬の美術150選 ―山口晃「厩圖2016」完成披露―

17/9/9 - 17/10/29

本展では、これら約1万5千点以上の所蔵品の中から、メモリアルイヤーにふさわしい貴重な美術品150点を精選し、一挙に公開いたします。

日本の現代アートがここにある! 高橋コレクション・マインドフルネス2017

17/7/22 - 17/8/27

本展では、高橋コレクションの原点である草間彌生にはじまり、1980年代から2010年代を代表する辰野登恵子、畠山直哉、奈良美智、村上隆、会田誠、山口晃、鴻池朋子、加藤泉、そして宮島達男、中山ダイスケ、三瀬...

発信//板橋//2016 江戸 − 現代

16/12/3 - 17/1/9

江戸時代には日本人の感性の「源泉」が数多く点在しています。この企画は、その研ぎ澄まされたエッセンスに通じる、3名の平面作家と4名の立体作家で構成された展覧会です。

企画展「馬鑑(うまかがみ) 山口晃展」

16/3/26 - 16/5/29

今回は、馬の作品に加えて、絵画の題材となっている古典の合戦図屏風、厩図屏風、武者図、そして刀剣、鎧・兜、日本在来馬の標本、オートバイなどを展示します。

神奈川県 横浜市馬の博物館

メッセージズ  −  高橋コレクション 草間彌生からチームラボまで

15/9/19 - 16/1/11

絵画の力作を中心に、ユニークな映像、立体作品もご覧いただきます。同時代を生きるアーティスト14組の作品をぜひ、体感してください。

山口晃展 汽車とかたな

15/7/17 - 15/9/23

今回の個展は、絵画をはじめ、立体作品や漫画、インスタレーション等を展示し、多彩な山口の魅力に迫ります。

鹿児島県 湧水町霧島アートの森

大原美術館展 名画への旅

15/4/18 - 15/5/31

大原美術館のこれまでの活動を辿りながら、孫三郎と虎次郎が目指した美術館、そして初めて本物の西洋絵画に触れた当時の人々の熱い想いに、改めて触れる機会となれば幸いです。

笑う美術

15/2/21 - 15/4/19

美術における多彩で複雑な「笑い」の形を紹介。