『矢崎牧廣』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

矢崎牧廣』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『矢崎牧廣』の展示会情報

信濃美術をみつめる「描くこと この地との出会い」

18/7/28 - 18/9/9

本展では、約60点の作品を厳選し、それぞれが求めた美と、地域との出会いをみつめます。

地域をみつめる-紡ぐ-

14/5/24 - 14/7/7

収蔵作品の中から洋画家6人、彫刻家2人、写真家1人の作品を取り上げ、地域ゆかりの作家が紡ぎ、生み出したものをみつめます。

地域をみつめる−対話−?

13/4/14 - 13/6/27

収蔵作品の中から「地域をみつめる−対話−」をテーマとして洋画家4人、彫刻家2人、工芸家1人の作品を取り上げます。同時開催、信濃美術をみつめる♯3早出守雄

地域をみつめる−対話−?

12/4/11 - 12/7/8

収蔵作品の中から「地域をみつめる−対話−」をテーマとして4人の洋画家と7人の彫刻家を取り上げます。

平成23年度 茅野市美術館 常設展 第1期収蔵作品展地域をみつめる−対話−

11/4/10 - 11/7/10

収蔵作品の中から「地域をみつめる−対話−」をテーマとして10人の画家を取り上げます。

C

CROSSING ―人と街・異国との交差―

10/9/10 - 10/10/25

収蔵作品の中から矢崎牧廣のパリの街を描いた油彩画、著名な音楽家の表情を捉えた木之下晃の写真、ニューヨークの街角を描いた岩波昭彦の日本画を展示します。

第1期収蔵作品展 地域をみつめる?

10/4/10 - 10/6/28

収蔵作品の中から「地域をみつめる」をテーマとして、小堀四郎、五味保、篠原昭登、志村一男、早出守雄、田村一男、中尾彰、堀内唯生、松樹路人、宮芳平、矢崎牧廣という地域ゆかりの11人の画家を取り上げます。

常設展 第4期収蔵作品展 ASIAの視点−中国・ベトナム−

10/1/15 - 10/4/5

生涯のうち3回にわたって中国を旅し、数多くの作品をを描いた矢崎牧廣の油彩画と、ベトナム戦争時に現地を取材し、散布された枯葉剤の影響を30年以上追い続けている中村梧郎の写真作品を展示いたします。