日付で絞り込む

都道府県で絞り込む

7/27 @ 愛知県

もっと知りたい名画の世界 よそおいの200年

4/22 - 8/27

開館7周年目にあたります2017年は、18世紀ロココからさらに幅を広げて、17世紀後半から20世紀初頭に描かれた絵画を、扇や化粧道具、ファッション・プレートなどと合わせて展示します。

愛知県 名古屋市東区ヤマザキマザック美術館

大一美術館コレクション名品展「2大巨匠名品との出会い」

4/15 - 3/4

本展では、コレクションの中から、ガラスと陶器選りすぐりの名品を展示いたします。

開館30周年記念 奈良大和路 春夏秋冬 ~第 1 期~

4/20 - 9/19

厳しい修行時代の作品から晩年の寛いだ雰囲気の作品まで、「杉本の奈良」「奈良の杉本」と称された杉本健吉の絵画の醍醐味をお楽しみいただければと思います。

愛知県 美浜町杉本美術館

ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち

6/10 - 10/15

本展では、ドレスや靴といったファッション、マネやルノワールが描いた肖像、映画や舞台で活躍した女優やダンサーの写真など、ボストン美術館の所蔵品約120点によってパリという都市を体現してきた女性の姿の変遷...

大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

7/1 - 9/18

本展は、出展される油彩85点すべてがエルミタージュ美術館の常設展示作品、すなわち美術館の顔ともいうべき作品群です。展覧会では、選び抜かれたこれらの作品を国、地域別に展覧していきます。

奈良美智 for better or worse

7/15 - 9/24

1987年から最新作までの作品100余点により作家の歩みを紹介するとともに、美術を志す前の奈良の感性を育んだレコードのジャケットや書籍などを展示することでそのルーツをたどります。

特別企画展 今右衛門の色鍋島

7/1 - 8/27

江戸時代に鍋島藩窯が生み出した華麗な色鍋島と、その美を今に伝える十四代今泉今右衛門までの作品を紹介。

みえるような、みえないような

7/8 - 9/18

本展はそのような何かにみえるような、みえないようなもの、あるいは何かの意味があると思えるような、思えないようなものをテーマに、美術館のコレクションをはじめ、様々な表現領域におけるアーティスト、造形...

杉山明博・造形の世界展~木とあそぼ

7/1 - 9/24

今回の展覧会は、長年にわたり蓄積されてきた杉山氏による木の造形世界を当館の展示コンセプト「考える」「見る」「作る」に 沿って、五感で楽しんいただけるよう新たに構成しました。日本人の生活の原点である木...

なんで穴があいてるの?~穴の向こうに広がる世界~

7/15 - 8/27

本展示では昔の道具の中から、穴のあいているものだけを集めて紹介します。

愛知県 一宮市一宮市博物館

特別展 近世能装束の世界 用の美~武家貴族の美意識

7/15 - 12/10

能装束の復原、制作により、能楽文化に貢献されている山口能装束研究所のご協力をいただき、文武両道を極めた武家貴族の優れた美意識に裏打ちされた高い教養と精神性が結実した能装束・能面の「用の美」を紹介し...

愛知県 田原市田原市博物館

ルーヴル美術館特別展 ルーヴル No.9  ~漫画、9番目の芸術~

7/15 - 9/3

1793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館が、「漫画」でルーヴル美術館を表現するという、かつて無い新たな試みを立ち上げました。本展では日本人作家7名を含む16名の作家が参加し、約...

田渕俊夫 時をきざむ心にきざむ

7/15 - 9/18

所蔵する全43点すべてを出品し、過去、現在、そして未来へと続くであろう田渕俊夫の画業をご覧いただきます。

天下人の城-信長・秀吉・家康-

7/15 - 9/10

この展覧会では、織田信長の居城の変遷を軸に、秀吉・家康へと繋がる天下人の系譜をたどりながら、三人に関わる城や武将の遺品・史料の紹介を交えつつ、天下の名城として名高い名古屋城の歴史と構造と魅力に迫り...

愛知県 名古屋市徳川美術館

イラストレーター安西水丸ー漂う水平線ー

7/15 - 10/1

本展では、「小さい頃よりずっと絵を描くことが好きだった」と語る安西の幼少期から晩年に至るまでの足跡を、イラストレーションの作品を軸に辿ります。

特別展 ゴジラ展

7/15 - 9/3

本展では、怪獣やメカの立体造形、デザイン画やセット図面など、特撮の造形やデザインと映画をもとに生み出された作品、約680点を展示。ゴジラ映画の魅力、映画を作り上げた人々の表現力、そしてゴジラの歩んでき...

斎藤吾朗の描(か)けば描(か)くほど モナ・リザ模写から赤絵へ

7/22 - 9/3

この展覧会では、初期の《モナ・リザ》模写を含むこれまでの代表的な油彩画をはじめ、刈谷を題材した新作、愛知の祭りや風物を描いた版画など約60点を展示します。