日付で絞り込む

2018/12
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019/1
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019/2
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
2019/3
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

都道府県で絞り込む

11/21 @ 愛知県

企画展 保美貝塚 渥美半島の縄文時代晩期の大貝塚

12/12 - 1/28

今回の展覧会、関連行事を通じ、保美貝塚、ふるさとの歴 史の深さ、素晴らしさを知っていただき、明日のまちづくりを考えるきっかけになればと思います。

愛知県 田原市田原市博物館

染付古便器コレクション展Blue-and-White Pottery Toilets

4/6 - 3/31

INAXライブミュージアムの豊富な収蔵品の中から染付古便器の数々をご紹介いたします。身近なものを美しく華やかに装飾する「日本の粋」「やきものの粋」を感じていただければ幸いです。

愛知県 常滑市世界のタイル博物館

所蔵茶道具展 茶の湯と文芸 ―和歌に託した茶の心―

9/8 - 12/2

今回の茶道具展では、細川幽斎、烏丸光広などによる懐紙や短冊などの掛物を中心に構成し、「春夏秋冬」や、「祝賀・神祇」、「歌枕(歌に詠み込まれる名所)」をテーマとしました。

特別展 古代アンデス文明展

10/6 - 12/2

本展覧会では古代アンデス文明史の中でも、カラル、チャビン、ナスカ、モチェ、ティワナク、ワリ、シカン、チムー、インカという9つの文化を核として取り上げています。

愛知県 名古屋市瑞穂区名古屋市博物館

はなかたち ひとかたち 追悼 島田章三

10/6 - 12/24

本展は2016年11月に逝去された画家の三回忌に際し、東京藝術大学時代から晩年まで、当館の所蔵作品から選んだ島田章三の作品と、島田を巡る画家たちの作品を合わせて構成し、その画業を回顧するものです。

開館30周年記念 ザ・ベスト・セレクション

10/6 - 11/25

開館30周年を契機に、個性の強い当館のコレクションの魅力をあらためて多くの皆様に知っていただきたく、当館を代表する名作や知られざる傑作を一堂に展示します。

天才ダリの版画展

10/6 - 11/25

今回は、ダリが版画に力を入れていた1960年ころの作品を中心に、200点以上をご覧いただきます。

平成30年度古川美術館特別展「日本画家 木村光宏 〜山紫水明を描く〜」

10/20 - 12/16

2回目の開催となる本展では、国立公園シリーズや、故郷である信州を描いた作品などを中心に、木村光宏が描き出した美しき日本の風景を紹介します。

没後15年 杉本健吉

9/20 - 4/16

今回の展示では、最晩年の自画像を中心に、初公開の作品を含め、風景の中に自分の姿を入れた作品もあわせてご紹介します。

愛知県 美浜町杉本美術館

瀬戸―かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製

10/27 - 12/16

本展は江戸時代を通して瀬戸の本業と新製を取り上げ、その代表的作例、記年銘のある作品などを展示し、現在の窯業地・瀬戸の礎となったやきものづくりを紹介するものです。

愛知県 瀬戸市愛知県陶磁美術館

大阪新美術館所蔵名品展 とっておき!日本画コレクション

10/12 - 12/9

本展では、大阪新美術館建設準備室の全面的な協力を得て、開館に先駆けてコレクションの一部を紹介します。

源氏物語の世界―王朝の恋物語―

11/3 - 12/16

現存する最古のテキストであり、最古の絵画作例でもある国宝「源氏物語絵巻」とともに、平安から江戸時代の写本や注釈書、絵画作品などを一堂に展示し、源氏物語愛好の歴史を振り返ります。

愛知県 名古屋市徳川美術館

アール・ヌーヴォーの伝道師 浅井忠と近代デザイン

11/17 - 2/17

三部構成によって浅井忠の制作とアール・ヌーヴォーのデザインとの関わりを探ります。

愛知県 名古屋市東区ヤマザキマザック美術館

美博びっくり箱-集める・伝える・これからも

11/14 - 1/14

今回の展覧会では特に専門分野が異なる学芸員が、今まで収集してきた各種の収蔵品の中から各自テーマを決めて厳選したこだわりの逸品を展示することにより、当館コレクションの多彩な魅力をご紹介し、当館の未来...

収蔵作品展 連想ゲーム

11/3 - 11/28

今回の展覧会は、絵画鑑賞のひとつの楽しみ方を提案するものです。ゲームのように鑑賞の手順を設けていますが、もちろんそれにしたがわなくてもかまいませんし、今回挙げている「キーワード」がその作品のすべて...